英会話とスピーキングの本

このページでは、英会話とスピーキングのおすすめ書籍教材を紹介しています。

すぐに英語を口に出すフレーズ教材、言いたい内容を柔軟に言い換えるトレーニング、英語を自分で作ることでリハーサルを行う教材など、様々な角度から英会話教材を紹介しています。

※ビジネスシーンの英会話については、ビジネス英会話ページへ。

英会話のコツ

会話もメールも英語は3語で伝わります


「主語・動詞・目的語」を軸にすることで、簡潔に伝わる英語になる。

様々な文型で英語を作ろうとせず、五文型のSVOを意識することが英会話のコツとなる。

「会話もメールも英語は3語で伝わります」のレビュー

中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本!


時制をしっかり意識しながら、簡単な英単語を使う。かたまりで話す。

こういった英会話のコツを身に付けるために、数多くのパターンプラクティスを行う。

「中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本!」のレビュー

英語フレーズ:瞬発力を身に付ける

直観的にすぐ出てくる英語が、実際の英会話で使える英語。すぐに口から出てくる英語フレーズを増やす練習。

簡単なのにぐいぐい話せる裏ワザ英会話


NHKラジオ英語講座の「英会話タイムトライアル」を書籍化。SPR(瞬発力)のコーナーをまとめている。

言いたいことを即座に表現する瞬発力を身に付ける。

「簡単なのにぐいぐい話せる裏ワザ英会話」のレビュー

英会話なるほどフレーズ100


英会話の出発点として、ごく簡単な表現を100個マスターしようという教材。

“Thank you”レベルですぐに口から出てくる表現を増やして、それを応用させる学習法を提案している。

「英会話なるほどフレーズ100」のレビュー

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編

ある状況を表したイラストが掲載されていて、そのときに何というか?を英語で言うトレーニング。

「パッと言う」とタイトルにあるように、瞬発力をもって英語を出てくるようにする。

「絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編」のレビュー

英会話の言い換え(パラフレーズ)

パラフレーズとは、伝えたい内容をそのまま英語に直訳するのではなく、「自分で言える範囲の英語」に言い換えること。英会話のもっとも重要なスキル。

ずるいえいご


英語で話すためには、正しい英語表現を蓄積するのではなく、「今ある英語力をいかに使いこなすか」が大切。

伝えたいことを柔軟に表現する「言い換えトレーニング」を行う。

「ずるいえいご」のレビュー

同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング


普段、日本語で使っている表現は、そのままの形で英語にできないことが多い。英語にするためには、英語に翻訳できるような日本語に変形させなくてはならない。

同時通訳におけるリプロセシング(再加工)のことで、英語で話すためのコツとなる。

「同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング」のレビュー

直訳にこだわらないで英語を話してみませんか


ごく簡単な内容でも英語だとなかなか口から出てこない。そういった場合、日本語で考えて、それを英語に直訳しようとしていることが多いという。

少し発想を変えて、柔軟に考えれば、簡単に英語にできることを解説している。

「直訳にこだわらないで英語を話してみませんか」のレビュー

英単語は覚えるな!


自分の知っている英語に言い換えることで、英会話はできるようになる。

パラフレーズ(言い換え)のパターンを19通りに整理して、公式としている。

「英単語は覚えるな!」のレビュー

話すための文法パターンプラクティス

文法項目ごとに、例文を何度も練習する。最低限の英語力は、ここで身につく。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング


中学レベルの簡単な英作文をたくさん行う。

「英作文」といっても書くわけではなく、口頭でスピーディーに英語にしていく。

基本構文の大量アウトプットによって、英語が口から出てくるようになる。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のレビュー

毎日の英文法


中学英語の文法項目ごとにパターンプラクティスを行う。

質量ともに十分なフレーズを使って、声に出して練習する。自ら発話できるようになることが狙い。

「毎日の英文法」のレビュー

アメリカ口語教本(最新改訂版)


発音、モノローグ(英文)、ダイアログ(会話文)、文法・構文、表現練習が効果的に組まれている。

膨大なパターンプラクティスに特徴がある。

「アメリカ口語教本(最新改訂版)」のレビュー

英会話のリハーサル

与えられた英文を練習するのではなく、自分でゼロから英語を作る。それが英会話のリハーサルになる。

新・英語で日記を書いてみる


英語で日記をつける学習法は、英会話のリハーサルになる。

本書は、文法、構文、表現、日記文例、ワードリストがセットになっていて、あらゆる角度から英語日記をサポートする。

「新・英語で日記を書いてみる」のレビュー

1分間英語で自分のことを話してみる


40のトピックでスピーチ例が掲載されている。

各トピックで2パターンのスピーチ例があり、自分に合ったスピーチを選べる。

英会話のリハーサルとして、自分のことを英語で話す練習をしよう。

「1分間英語で自分のことを話してみる」のレビュー

ゼロからスタート英語で話すトレーニングBOOK


3つ程度の英語フレーズをまとめて話すトレーニング。

ワンフレーズのやり取りから、まとまった話ができるようにするのが狙い。

「ゼロからスタート英語で話すトレーニングBOOK」のレビュー

外国人が日本人によく聞く100の質問


日本について質問されがちな100テーマについて、3通りの質問パターンとその回答例を紹介している。

自分なりにアレンジを加えることで、発信型の英語学習となる。

外国人と接するときに「日本の話題」は定番となる。前もって回答を用意することで、英会話のリハーサルになる。

「外国人が日本人によく聞く100の質問」のレビュー

英語の敬語・丁寧な表現

日本人が話す英語はぶっきらぼうに聞こえる、という指摘もある。

丁寧・敬語の英語表現は、しっかりと身に付けておきたい。

ビジネスパーソンは、「英語の敬語表現とビジネスマナー」ページもどうぞ。

敬語の英語 実践編


様々なシーンをとりあげて、丁寧さの程度が異なる英語表現を紹介する。

「とても丁寧に」「常識的に丁寧」「ずばり、言いたいこと」の3段階。

中学英語で習った簡単な表現のリスクがよくわかる。

「敬語の英語 実践編」のレビュー

英語のお手本

職場でもプライベートでも使える「丁寧英語」のお手本。

メールでの事例紹介がほとんどを占めるが、重要表現とアドバイスがコンパクトにまとまっている。

敬語の調節方法もある。

「英語のお手本」のレビュー

使ってはいけない英語


「丁寧に言ったつもりが失礼千万になる表現」「本来の意味とは違うカタカナ語の危ない使い方」など。

日本人が使ってしまいがちだが、本当は使うべきではない英語の解説。デイビッド・セイン氏の著書。

「使ってはいけない英語」のレビュー

個別テーマ

名言だけで英語は話せる!


すべての例文に名言を使って、話すための基本文法をひと通り学習する。

丸暗記したくなるような優れた名言を使うことで、学習効果が上がる。

「名言だけで英語は話せる!」のレビュー

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク