難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

著者:スティーブ ソレイシィ、大橋 弘祐
出版:文響社
発行日:2017/7/26

英語を話すための「最短ルート」を説明した本。

生徒と先生の対話形式になっていて、生徒役は「難しいことはわかりませんが」シリーズの大橋弘祐氏。

先生役は、NHKラジオ「英会話タイムトライアル」講師のスティーブソレイシィ氏。

大橋氏の素朴な疑問

プロローグに大橋氏の素朴な言葉がある。

日本に訪れている外国人観光客から話しかけられて、思わずパニックになってしまった。中学生のときから普通に英語を勉強してきたのに、なんで話せないんだろう。・・・

大橋氏の独白には、多くの人が共感するはず。

日本人はなぜ英語が話せなくて、どうやったら英語が話せるのか

本書はこの素朴な疑問を探っていく。

先生と生徒の会話形式で読みやすい

先生と生徒の会話形式になっていて、とても読みやすかった。

生徒役の大橋氏に感情移入することで、先生役のスティーブ氏のアドバイスが受け入れやすくなる。

先生が質問をして、生徒が答える。

生徒が質問をして、先生が答える。

そのようなやり取りをしながら、アドバイスを伝えていく。

英会話の先生からマンツーマンでレッスンを受けるとしたら、本書のようなやり取りになりそう。

よくある英語学習ガイドの本を読む気にならない人でも、本書なら最後まで読み通せるはずだ。

「英会話ができそう」と思わせてくれるアドバイス

アドバイスの内容は、いつものスティーブ節といってもいい。

スティーブソレイシィ氏の主張にはブレがないので、著書の「国際人の英会話学習法」とも共通している。

すなわち、役に立つフレーズを使って、必要を満たすコミュニケーションをとっていくこと。

これなら自分でも英会話ができそう・・・と思わせてくれるところがいい。

本書を読めば、今まで英会話を難しく考えすぎていたことに気づく。

本書は、英会話を苦手とする人にレベルを問わずお勧めしたい。

訪日外国人から話しかけられたときに、できる範囲で英会話をしたくなるはずだ。

シェアする

スポンサーリンク