簡単なのにぐいぐい話せる裏ワザ英会話

英会話タイムトライアル 簡単なのにぐいぐい話せる裏ワザ英会話

著者:スティーブ・ソレイシィ
出版:NHK出版
発行日:2016/10/14

NHKラジオ英語講座の「英会話タイムトライアル」を書籍化。

2012年度~2015年度のタイムトライアルから、SPR(瞬発力)のコーナーを厳選。

言いたいことを即座に表現する瞬発力を身に付ける。

大人気のラジオ講座まとめ

NHKラジオ講座の「英会話タイムトライアル」は、講師のスティーブ・ソレイシィ氏がリスナーの話しかけて、リスナーは英語を発声する。

すぐに英語で応える「瞬発力」を付けるのが狙い。

あたかも個人レッスンを受けているかのような臨場感があって大人気だ。

本書は、4年分のSPR(瞬発力)コーナーから、厳選して書籍化している。

すぐに英語が口から出てくるトレーニング

本書では、言いたいことをすぐに英語にできるように、瞬間的に英語で答える一問一答を行う。

たとえば、「聞き返しの定番表現」では、以下のような学習を行う。

  1. 聞き取れないとき、「え?」と言ってしまいがちですが適切な短い聞き返しの表現は?
  2. もう一度お願いできますか?
  3. 最後の部分をもう一度お願いできますか?
  4. 相手のジョークの意味がわからないときに言う定番表現は?
  5. 私のことですか?
  6. これのことですか?

よくありそうな聞き返しのシーンばかり。

講師が上記のことを日本語で問いかけて、学習者は以下を答える。

  1. Sorry? / Pardon? / Excuse me?
  2. Would you say that again?
  3. Would you say tha last part again?
  4. I don’t get it.
  5. Do you mean ME?
  6. DO you mean this?

こうやって一問一答式に英語表現を練習することになる。

英語での問いかけに、英語で答えるテーマもある。

瞬間的に英語を答える練習なので、実際の英会話でもすぐに口から出てくるはずだ

本書では、「聞き返し」についてだけでも、上記の他に「ピンポイントで聞き返す」「聞き返さずに会話を続けるテクニック」「簡潔な聞き返しの表現」がある。

他にも様々なテーマを学ぶが、英会話で役立つ表現ばかりだ。

音声だけで学習が完結する

本書の内容が簡単だと感じる人は、付属の音声CDだけで学習が完結する。

ラジオ講座と同様に、スティーブ・ソレイシィ氏の問いかけに答えるだけでいい。

すぐに答えられる自信がない人は、最初はテキストを見ながら表現を覚えて、復習のときは音声だけで答えるようにしよう。

通勤・通学の移動時間でも、聞いているだけで学習できる

一問一答はゲームのような臨場感があるので、飽きずに取り組めるはずだ。

実際の英会話ですぐに使える

英会話タイムトライアルは、瞬間英作文に似ている。

一問一答で英語を作るトレーニングなので、学習の方向性は同じだ。

違いがあるとすれば、英会話タイムトライアルはより英会話のシーンに即したテーマで学ぶ点だろうか。

“Thank you”と同じくらい確実に使える英会話表現がたくさん身に付く。

確実に効果のある学習法なので、自信をもってお勧めしたい。

シェアする

スポンサーリンク