英語の敬語表現とビジネスマナー

このページでは、ビジネスマナーや敬語表現に関係する英語教材をご紹介します。

英語のコミュニケーションで欠かせない知識です。

英語の敬語と丁寧表現

英語の品格

上品で丁寧な英語を使うためのガイド。

日本人の英語は「ぶっきらぼう」に聞こえるという指摘がある。

「疑問文を平叙文で言うと品格が上がる」「表現を和らげることは品格につながる」「ゆっくり話してもらいたいとき」など、様々な目的やシーンに応じてアドバイスがある。

ビジネスパーソン必読の内容。

「英語の品格」のレビュー

英語のお手本

職場の丁寧表現ハンドブック。

ほとんどのページはEメール事例集となっているが、丁寧なEメール表現集として役立つ。

本書の一番の売りは、「敬語の調節方法」の章。敬語の程度を調節するための方法が5通り解説されている。

「英語のお手本」のレビュー

ビジネス英語の敬語

ビジネスシーンを徹底的に細かく分類して、そのシーンに適した英語の敬語表現を学ぶ。

敬語は「カジュアル」「ふつう」「フォーマル」など丁寧さによって段階別に紹介されている。

CD音声が付属されていて、ダウンロードも可能。

「ビジネス英語の敬語」のレビュー

敬語の英語 実践編

状況別に丁寧表現を3つ紹介している。

「とても丁寧に」「常識的に丁寧」「ずばり、言いたいこと」の3段階になっていて、それぞれの英語表現の特徴がリアルに浮かび上がってくる。

「敬語の英語 実践編」のレビュー

ビジネスマナーとマナー全般

英語のソーシャルスキル

「英語のソーシャルスキル」のレビュー

英語圏の文化、ものの考え方に照らし合わせながら、日本人の感覚では無礼になってしまう英語の事例について解説。

単に「丁寧な英語表現」を覚えているだけでは、まったく通用しないことがわかる。海外に滞在予定の人は目を通しておきたい内容。

常識の世界地図

英語教材ではないが、外国人とのコミュニケーションの前に一読しておきたい内容。

身振り手振り、笑顔、食文化まで、世界中のマナーとタブーをとりあげる。人差し指の使い方ひとつとっても、安易に考えているとトラブルになることがわかる。

上記の「英語のソーシャルスキル」は英米二カ国のマナーだが、本書は世界中のマナーとタブーを取り上げている。それぞれの文化圏で常識が違うことを痛感する本。

本書を読んだ人は、滞在する国の文化やマナーに注意を払うようになるはず。

無料で読むマナー英語

ネットにも「英語のマナー」を解説したサイトがある。

「英語 マナー」について、かなり広範囲に調べたが、以下のサイトがベストだった。各項目は短いものの、コンテンツの質が良い。一通り目を通しておけば、気をつけるべきポイントが浮かび上がってくる。

→ おしゃれなマナー英語講座

「スチュワーデス塾」というサイトのコンテンツ。ジャーナリストの原島一男氏が50回にわたって英語のマナーを解説している。元はイギリス人との対談だったものをテキスト化したもの。

テーブルマナー

マナーがもっとも問われるのは食事のとき。以下の本を読んでみると、覚えることはさほど多くないことがわかる。

「世界に通用するマナーを教えてさしあげます!」のレビュー

テーブルマナーを中心に漫画で解説したもの。

文字やイラストではなく、全編漫画だからこそイメージがつかみやすい。普通に漫画として楽しめる内容。

英語のタブー

使ってはいけない英語

「使ってはいけない英語」のレビュー

日本語ネイティブがよく使ちがちな英語の中で、無礼に聞こえたり、嫌味に聞こえたり、意味に聞こえる英語表現について解説している。

実にありがちな失敗ばかりで、必読というべき内容。このようなアドバイスは勉強としてではなく、読み物として楽しみながら触れておきたい。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク