英語ライティングの本

このページでは、英語ライティングのおすすめ書籍教材を一覧でご紹介しています。

英文形式・スタイル

英語ライティングルールブック


英語ライティングの論点を網羅している。文法・語法・句読法について、間違えやすいポイントを確認できる。

ライティングでちょっと疑問を感じたときに便利な一冊。

「英語ライティングルールブック」のレビュー

The Elements of Style


ライティング教材の古典的名著。英米人の学生なら知らない人はいないという文章作法の指導書。

シンプルな英文を推奨している。

「The Elements of Style」のレビュー

ライティングガイド:日英の文章比較と発想の転換

日本人の英語はなぜ間違うのか?


日本人にありがち英作文の間違いから、英語と日本語の差異をあぶりだして、英語の深い理解につなげる。

「時制」「冠詞」「仮定法」といった日本人の苦手とする項目から、「繰り返しを防ぐには?」「論理の飛躍が多すぎる」「自然な英語を書くために」といったライティングの重要ポイント、さらに「itとthatを使い分ける」「soの用法の誤解」まで、数多くの論点を取り上げている。

「日本人の英語はなぜ間違うのか?」のレビュー

英語なるほどライティング


「センテンスの組み立て」「英語らしい表現」「まとまった文章」の3つパートからなり、日本語ネイティブにとっての英文作成ポイントが非常によくまとまっている。

一読するだけで「英語らしい文章」が書けそうな気がしてくる名著。

「英語なるほどライティング」のレビュー

英語モードでライティング


英語ライティングの考え方をまとめたエッセイ。新書サイズの少ないページ数の中に基礎から応用までポイントをまとめている。

「発想の違い」「モードの違い」「書く秘訣」が解説されていて、短時間でライティングの要点に目を通すことができる。

「英語モードでライティング」のレビュー

ツールを使った英文ライティング

Google英文ライティング


Google検索をフルに使った英文ライティングをガイドする。

前置詞・動詞・形容詞など、ちょっとした悩みはGoogle検索で解決できる。ネイティブチェックも可能。

本書の内容は、英文ライティングにおいて欠かせない知識。

「Google英文ライティング」のレビュー

和文英訳トレーニング

英作文のための和訳・英訳トレーニング100題

本書は「原文復元法」を提唱している。まず英文を和訳して、次にその文章をもう一度英語に戻す。和訳と英訳を同じ文章で行う学習法。

いきなり英作文するよりも心理的な負担が少ない。日英表現の違いを比較できるメリットもある。

「英作文のための和訳・英訳トレーニング100題」のレビュー

英文の構成とパラグラフ・ライティング

即戦力がつく英文ライティング


中学レベルの英語を終えた人が、まとまった英文を書くためのライティングガイド。

2センテンス以上の英文を書くコツを紹介する。パラグラフや長いテキストの解説もある。

英文の構成をテーマにして、あらゆるパターンを羅列した本。

「即戦力がつく英文ライティング」のレビュー

パラグラフ・ライティング入門


パラグラフ(段落)とは、複数のセンテンス(文)で構成された塊のこと。

「1つのパラグラフには1つの主題がある」というのが文章の基本になる。

本書は、英文ライティングの根幹となるパラグラフライティングについて解説している。

「パラグラフ・ライティング入門」のレビュー

英文の洗練

こなれた英文を書く技術


「間違ってはいないが今一歩の英語」から「よりナチュラルで分かりやすい英語」にステップアップするコツを紹介している。

ほとんどは中学英語レベルながら、幅広い人に有用なライティングガイド。

「こなれた英文を書く技術」のレビュー

気軽なライティング練習

メモで身につく日常英語


日常のメモを英語で付ける教材。TODOリスト、旅行の計画、家事のメモ、目標のメモ、励ましのメモ、お金のチェックリストなど。

日常に密着した英単語を覚える効果もあり、もっとも気軽にできるライティング練習といえる。

「メモで身につく日常英語」のレビュー

新・英語で日記を書いてみる


日々のライティング練習には英語日記がおすすめ。本書は、「日記+英語」というジャンルの代表的な教材。

文法、構文、表現、日記文例、ワードリストがセットになっていて、あらゆる角度から日記学習をサポートする。

「新・英語で日記を書いてみる」のレビュー

TWITTERで英語をつぶやいてみる


英語でつぶやくTwitter活用法をガイド。

手軽なアウトプット練習というだけでなく、コミュニケーションを取れる魅力がある。

「Twitterで英語をつぶやいてみる」のレビュー

翻訳の現場から:日英言語の比較

英語の発想


翻訳の過程を分析することで、日本語と英語における発想の違いを探求する。

よく見かける「英語は客観的で日本語は主観的」という言葉を裏付けるような内容となっているが、実に説得力のある考察になっている。

英語の発想を理解することで、英文の読解というより、ライティングで役立つ。

「英語の発想」のレビュー

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク