Google 英文ライティング


Google 英文ライティング: 英語がどんどん書けるようになる本

著者:遠田和子
出版:講談社インターナショナル
発行日:2009/12/9

Google検索をフルに使った英文ライティングをガイドする。

ライティングでわからないことがあったらGoogle検索ですぐに解決。

本書の内容は、英文ライティングにおいて欠かせない知識。

Googleはライティングの基本ツール

ちょっと迷ったらGoogle検索。

日本語での検索は当たり前となっているが、英文ライティングのときに使っているだろうか?

本書の内容は英文ライティングで欠かせない検索スキルなので、知らない人がいたら今すぐ一読してほしい。

たとえば、「この変化の原動力」と書きたいとしよう。

driving force (  ) this change

( )の部分の前置詞がわからないとする。

当然、Google検索すればいい。

“driving force * this change”で検索

フレーズは””(ダブルクオーテーション)でくくる。そうしないとフレーズと認識されずに、複合検索になってしまう。

わからない部分に*(アステリスク)を入れる。ワイルドカード検索によって、この部分に何が入ってもよいことになる。

この検索を行うことで、ウェブ上でこの部分にどんな前置詞が使われているのかわかる。

実際に検索してみたら、of,behind,forなどの前置詞が使われていた。

そこで、それぞれの前置詞を入れたフレーズで検索してみる。

  • driving force of this change : About 310 results
  • driving force behind this change :About 62,300 results
  • driving force for this change : About 636 results

検索結果のヒット数をみると圧倒的にbehindが使われていることがわかる。

「この変化の原動力」というと、日本語の感覚では of が思い浮かぶが、相応しい前置詞は behind だとわかる。

このようにちょっと疑問を感じたらすぐにGoogleで解決できる。

ちなみに、以前レビューした「ネイティブが教える英語の動詞の使い分け」という本では、英単語の使い分けを判断するときにGoogle検索を使っていた。

正解を探すのではなく選ぶのがポイント

もっと踏み込んだ使い方についても紹介したい。

たとえば、以下の内容を英語で書きたいとしよう。

私たちは地球温暖化を何とかしなければならない。

どういった動詞を使えばいいのかわからない。

そこで、以下のようにGoogle検索してみる。

“we have to * global warming”

ウェブ上では、*(アステリスク)の部分でどんな動詞を使っているのか。そこを検索する。

すると以下のような動詞が使われていることがわかる。

  • we have to slow global warming :遅らせる
  • we have to worry about global warming :心配する
  • we have to fight global warming :闘う
  • we have to combat global warming :闘う
  • we have to stop global warming :止める
  • we have to halt global warming :止める
  • we have to reduce global warming :減らす
  • we have to restrict global warming :抑える

ウェブ上ではこんな英文が使われている。

この中から、自分が書きたい意図に照らし合わせて、英単語を選べばいい

間違っても「何とか」という日本語から英単語を探してはならない。不自然な英文になるだろうし、時間もかかる。

Google検索した結果の中から英単語を選ぶのが一番だ。

具体例で解説するからイメージしやすい

本書の内容は、知っている人にとっては常識かも知れない。しかし、実際に英文ライティングでGoogleを使いこなしている人はそれほど多くないのではないか。

本書には上記のような具体例が山ほどあり、英文ライティングでGoogleを使うイメージがよくわかる。

どんな英文でも書けそうな気がしてくるので、今までライティングでGoogleを使ってこなかった人はぜひ一読してほしい。

英語の学習法も変化する

村上式シンプル英語勉強法」でも書かれていたが、日本語ネイティブにとって英語ライティングのハードルは高い。

いくら勉強してもネイティブのように書けるようにならないし、書けるようになる必要はない。

英借文によって、元の英文をアレンジすればいい。

英語の文例を検索するのはもちろんだが、本書「Google英文ライティング」のように検索を繰り返すことで自然な英文はすぐに作れる

今後は、ネイティブを目指すような無駄な英語学習は廃れるはずだ。あらゆるツールを前提とした英語学習へと変わっていくだろう。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク