The Elements of Style


The Elements of Style, Fourth Edition

著者:William Strunk Jr.
出版:Longman
発行日:4版 (1999/7/23)

ライティング教材の古典的名著。

初版は半世紀以上前に発行され、英米人の学生なら知らない人はいないという文章作法の指導書。

日本の大学でも英作文の教科書として使われることが多い。

シンプルな英文を徹底する

本書は「シンプル」に書くことを強く推奨している。

「受動態はなるべく使わない」、「二重否定は使わない」、「修飾語は被修飾語の近くに置く」、などなど。読者に明確に伝わる文章を追求している

著者のWilliam Strunk, Jr氏には、学生たちが気取った文章を書くと憤慨した逸話が残っている。シンプルを徹底したのは著者の美意識なのだろう。

文章作法には1つの正解があるわけではなく、あくまで著者の美意識が反映される。本書が長く読まれているのは、著者の美意識に多くの人が共感したからだ。

大袈裟な言葉を避ける精神的態度は、ライティング技法の次元を超えて示唆に富む。

英文の基本が薄い本で一気にわかる

本書ではそのほかに、コロン・セミコロンの使い分けから日付の書き方まで、英文の基本形式を網羅している。

英文を書く人にとっては、ちょっとした文章作法の疑問を解決できる有用な一冊。

薄い本なので、中級レベルの英語力があればすぐに読み通せるだろう。本書を繰り返し読むことでリーディング学習にもなる。

The Elements of Style 関連情報

全文が無料で読める

ちなみに、古い本なので著作権が失効しているらしく全文をWEB上で読むことができる。

http://www.bartleby.com/141/index.html

紙媒体を買って本棚に揃えておいても役に立つが、ひと通り目を通すだけなら上記サイトで充分かもしれない。

翻訳版もある

1985年に翻訳版が出版されていた。

版元の荒竹出版は消息不明なので、残念ながら絶版になっている。

シェアする

スポンサーリンク