英語の文法力をつける

ベーシックな文法解説で理屈を学ぶ

「母国語を身につけたときに文法は学ばなかった」などという文法軽視の発想があるが、当然ながら第二言語は母国語のように習得することはできない。なぜ文法を学ぶかといえば、それがもっとも効率的だからである。以下のような定番の文法解説で各項目を抑えておきたい。

総合英語Forest <レビュー>
文法の各項目を丁寧に解説している。レベルは中学から高校初級程度で、広範囲の人に有用。
一億人の英文法  <レビュー>
話し手の意識から文法を解説。英会話の対策にも有用。
英文法TRY AGAIN! <同内容「山口英文法の実況中継」のレビュー>
重要項目に絞って論理的に文法を解説。

その他、文法の書籍教材には様々なレベルの文法解説を掲載しているので、こちらも参照。

ネイティブによる文法解説

日本在住のネイティブ講師による文法解説。肩肘をはらずに楽しく読み進めることができるだけでなく、著者の解釈を盛り込んだ印象深い文法解説が多い。ベーシックな文法理解にこれらが加われば、文法が立体的に見えてくるだろう。

日本人の英語 <レビュー>
冠詞や不可算名詞など日本人が苦手とするポイントを見事に解説している定番ベストセラー。
ここがおかしい日本人の英文法 <レビュー>
日本人が苦手とする項目にしぼって、ネイティブの心理状態に踏み込みつつ文法の意義を解説している。おすすめ。

練習帳形式で学ぶ

上記のような解説重視ではなく、練習重視(ほとんどパターンプラクティス)の教材も有用。文法事項を確実に身につけるために上記の解説書とセットにしてもいい。また、文法にアレルギーがある人は、このような練習帳形式をおすすめしたい。

エイザーの基本英文法
世界的ベストセラー。とにかく練習問題が豊富。

英語で英文法を学ぶ

英語で英語を学ぶ方法は、多くの英語上級者が推奨している。洋書の英文法解説を使って英語で英文法を理解してみよう。こうすると、発想そのものが英語に切り替わりやすい。日本語の文法解説に比べれば、驚くほどシンプルに解説している点も印象的である。

English Grammar in Use <レビュー>
洋書の文法練習帳。名著。英語の解説と練習指導による文法の学習。
海外サイト>ESL
ESL(第二外国語としての英語)学習コンテンツサイトでは、英語による文法解説が無料で読むことができる。練習部分が少ないのでできれば上記のような書籍を買いたいが、このようなサイトを多読感覚で読んでみると学習効果が高いだろう。

構文分析を学ぶ

ある程度文法力がついて余力ができたら、品詞分解についてしっかりと身につけたい。文法を深く理解することができるようになるだろう。構文分析力がつくことで、英文を理解するときに各単語の意味に頼るのではなく、構造面から瞬時に英語が把握できるようになる。

英語構文全解説
伝説の名著。網羅性を重視した構文教材。ある程度の構文力のある人が、英文読解のレベルをもう一段上げるときに有用。
英語の読み方TRY AGAIN!
句や節を意識した読み方を丁寧に解説。
英語の構文150
150の重要構文にしぼって、例文を使って解説。2段階の練習問題付き。

その他、リーディングの書籍教材も参照。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする