Grammar in Use シリーズ


英文法を英語で学ぶ練習帳

本書のシリーズは洋書の英文法練習帳として定番。

簡単な問題を大量に繰り返すことになる。

最初から一通り学ぶこともできるし、苦手な項目だけを学ぶこともできる。

「文法は英語で学んだ方がいい」と薦める上級者は多い。

文法説明から練習までを一貫して英語でこなすと、頭が英語モードに切り替わることがある。

(注)日本語による文法解説にも優れたものが多いので、両方を適時使い分けよう。

簡単に感じるのが不思議

本書は初級から中級が対象となっているが、日本語で書かれた英文法の本に比べると簡単に感じる。

とにかく、文法の解説部分がシンプルに書かれている。

日本語の英文法書は、懇切丁寧に書き過ぎていて、かえって難しく感じられるのだろうか。

本書は解説よりも練習(パターンプラクティス)が主体だけに、単調であることは否めない。

しかし、文法の理屈ではなく使えるかどうかに注目するなら、本書のように簡単な練習を数多くこなすことは価値がある。

中学英語をクリアーした人に

文法はごく基本的な内容だが、すべてが英語で書かれた洋書なので、高校2年程度の英語レベルの方に最適だろう。

基本的な内容ではあるものの、このレベルを自由に書いたり話したりできる学習者は少ないはず。

解説部分も英語なので、そこを読んでいるだけでも英語の勉強になる。リーディング対策のつもりで取り組むのもいい。

アプリがお勧め

English Grammar in Useのスマホアプリがある。

例文の音声をタップ1つで聞くことができるし、エクササイズの正誤判定もしてくれる。

本に比べれば価格も安いので、アプリ版を強くお勧めしたい。

English Grammar in Use アプリレビュー

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク