パターンプラクティスの学習法と英語教材

パターンプラクティスのトレーニング概要

パターンごとに言い換えて練習をする。特に文法を身につけるために行われることが多く、語学の基本的な学習法。

多くの人が中学の英文法の授業で経験しているはず。たとえば助動詞だったら、will, can, may, mustなどの各パターンごとに、疑問文にしたり、否定文にしたり、主語や動詞を換えてみたりして、何通りにも言い換えて練習をする。

また、場面や目的ごとの表現練習をパターンプラクティスと呼ぶこともある。たとえば、「感謝の気持ちを表わす」目的で使われる表現のパターンを何通りも言い換えて練習する。これはスピーキングの基礎練習で用いられる。

パターンプラクティスの利点

パターンプラクティスは、自分で英文を作る能動的な学習なので、一定の学習事項を確実に身につけることができる。文法の基礎力をしっかり身につけるのに適している。

単調な学習で継続が難しいので、文法を学ぶような定められた範囲において採用される。際限なくやり続けるタイプの学習法ではない。

クイックレスポンス

パターンプラクティスに似ている学習法として、クイックレスポンスがある。

クイックレスポンスは、ごく簡単な文章の書き換え作文を瞬間的に行う。かけ算の九九のように、知識として理解している文法事項を瞬間的にアウトプットすることを目的とする。

スピーキングの基礎練習となる。

詳細は→ クイックレスポンス

パターンプラクティスの教材例

文法を軸にした英作文は、ほぼパターンプラクティスと考えることができる。重要なのは、自分で英文を作ること。そして、大量に行うこと。

文法を軸にした表現練習

アメリカ口語教本(レビュー)

徹底したパターンプラクティスでスピーキング力をつける。長年のベストセラーで、改訂版が出ておすすめ度がアップ。類似した教材は、パターンプラクティスを軽くしてあるので、なかなか本書に代わる教材がない。

口頭で英語を作るパターンプラクティス

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (レビュー)

大ベストセラーの英語教材。文法ごとに簡単な英作文をしていく練習。必ずしも書く必要はなく、口頭で文章にすればいい。アウトプット練習をすれば、当然ながらアウトプットができるようになる。

洋書の文法練習帳

English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) (レビュー)

日本語で書かれた文法教材は解説重視だが、洋書の文法教材は問題重視。書き込み式で大量の問題がある。書いて覚える、解いて覚える、いわゆる文法の練習帳。中級レベルの人は、英語で文法を学ぶとブレークスルーのきっかけになるかも。

シェアする

スポンサーリンク