リテンションの学習法と英語教材

リテンションのトレーニング概要

リテンション (retention :「保持」「記憶」)とは、1センテンスの英語を暗唱するトレーニングのこと。

直前に聞いたり読んだりした英語を記憶して、何も見ないで暗唱する。負荷の大きいなトレーニングだが、学習効果は極めて高い。

リスニングでもリーディングでも実践できる。

リスニングにおけるリテンションのやり方

1センテンスの英語を聞いて、その英語を記憶し、何も見ないで暗唱する。

  1. 英語を1センテンス聞く
  2. 音声を止める
  3. 何も見ないでそのフレーズを発声する(暗唱する)

このような手順になる。

聞いたばかりの1センテンスの音声を口頭で再現する

※「2.音声を止める」というのは、次のセンテンスの音声を流さないため。1センテンスごとにポーズがとられている英語音声であれば、止める必要はない。

リテンションの別名

リテンション・トレーニングは、様々な別名がある。

  • Listen & Repeat (聞いて、復唱する。シャドーイングの意味で使われることが多いが、リテンションやオーバーラッピングを指すこともある)
  • レシテーション(recitation:暗唱)
  • センテンス・リピート
  • リピーティング(当サイトでは、リピーティングの一科目がリテンションという考え)
  • リプロダクション(当サイトでは、リプロダクションは別のトレーニングだと考える)

リーディングにおけるリテンションのやり方

英文を読んで、読んだばかりの1センテンスを口頭で再現する。

  1. 英文を1センテンス読む
  2. テキストから目を離す
  3. 何も見ないでそのフレーズを発声する(暗唱する)

テキストを見ながら発声したら、ただの音読になってしまう。

テキストから顔を上げたり、目をつむることで、英文を見ないで1センテンスを暗唱する

読んだばかりの1センテンスの英文を記憶して、再現する練習となる。

別名:リード・アンド・ルックアップ

リーディングにおけるリテンションは、「リード・アンド・ルックアップ ( Read & Look up )」と呼ばれることがある。

英文を読んで ( read ) 、顔を上げて( look up )、テキストを見ないで発声する。。

リテンションのメリット

英語が自分のものになっている感覚

知らない英単語や文法事項が含まれている英文は、リテンション(記憶・保持)できない。

その英文の中にわからない部分があると、リテンションできない

リテンションできる英語は、完全に自分のものになっている。

復習のためにリテンションをする場合は、本当にその英文を理解しているかどうかのチェックになる。

保持するためのイメージ化

たった今、聴いたばかりの英語でも、初級から中級レベルだとすぐに忘れてしまう。

英語をイメージで把握していないので、どうしても記憶できない。(和訳すると、その和訳の内容はイメージ化されるので記憶できるのだが)

リテンション練習は、英語のイメージ化を強要することになる

英語とイメージを結びつける練習になる。

リテンションの教材例

(注)リテンションはどんな教材でも可能なので、自分のレベルに合った英語を選ぼう。

以下は参考まで。

究極の英語学習法 KHシステム

「究極の英語学習法 KHシステム」のレビュー

KHシステムはシャドーイングで有名だが、実はリテンションもプログラムの中に入っている。

正確なシャドーイングをするためには、リテンション練習も欠かせないことがよくわかる。

音読パッケージ

「音読パッケージ」のレビュー

音読で有名な教材だが、実はリテンションの方がウェイトが重い。

この教材では「リテンション」のことを「リピーティング」と呼んでいる。すべての英文をリピーティング(リテンション)することを目標にしている。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク