スラッシュリーディングの学習法と英語教材

トレーニング概要

文章の機能的な区切りごとに分けて(スラッシュを入れて)読む練習。英文を単語の単位で読んでいくのではなく、文型や修飾関係に注目しながら意味上の固まりで読んでいく。慣れてきたら実際に線を入れずに区切りを意識するだけにする。

英文の構造をしっかり理解していないと、瞬時に正しくスラッシュをおくことができない。そのため、構文解析が前提として求められる。文法的な裏付けを意識しつつ文章を読むことがスラッシュリーディングの本質である。

これによって、逐次日本語に翻訳して意味を理解するようなレベルから、英文のルールに則って理解するレベルへと脱皮することになる。受験英語のもっとも基本的なリーディング練習といえる。

サイト・トランスレーションとの違い

スラッシュリーディングに類似したトレーニングとして、サイトトランスレーションがある。英文を機能ごとに区切ってから、それを前方から翻訳する。通訳学校の基本トレーニング。

「スラッシュで区切って前から読む」というのはスラッシュリーディングと同じだが、通訳トレーニングだけあって「翻訳」に重点がある。

スラッシュリーディングでは、意味を把握するために最初に和訳することはありえるが、その後のトレーニングでは翻訳せずに英語のまま読む。(最初のうちはサイトトランスレーションと重なっても問題はない)

リスニングでも用いる

リスニングの際にもスラッシュの位置でいったんポーズをとり、スラッシュごとに意味を把握する。また、スラッシュ単位にリピーティングする。

利点

1)正確に英文を読めるようになる。

意味上の単位ごとに英語が読めるというのは、英語の構造を正確に理解していることが前提になる。スラッシュリーディングのトレーニングを通して、英語を正しく理解するようになる。

2)構文の予測ができるため早く読める。

英文の一部を読んだだけで、その次におかれている語彙や句(文法的におくことのできる語彙や句)が予測できるため、英語を早く直感的に理解できるようになる。

というのも、日本語は比較的自由に語順を変更できる(助詞で格を示す)のにたいし、英語は語順で格(他の語との関係)を示すため、日本語の感覚のままでは英語は直感的に理解できない。このような言語的な差異があるのでスラッシュリーディングが欠かせないのである。

3)英文を前から理解できる。

英語では動詞が前方に置かれるが、日本語では最後に置かれる。そのため、英語が苦手な人は、英文の後方を読んでから前に戻るような「返り読み」をしてしまうことがある。スラッシュリーディングを繰り返すことで、英語の語順のまま理解できるようになる。

4)アウトプットの基礎力になる。

自分で文章を作るスピーキングやライティングにおいても、意味上の単位ごとに英語を把握する必要があるので、スラッシュリーディングの練習は役に立つ。

注意点

構文解析による文法的な説明ばかりに力点が置かれ、スラッシュ単位で読むトレーニングがお座なりになっていることがある。スラッシュを正しく入れられたかどうか、なぜそこにスラッシュが入るのか、といったことは練習の前段階であり、その単位で読むトレーニングが本番であることを忘れないようにしよう。

教材例

注)以下、スラッシュを置く位置を理解するための構文教材となります。構文力がある人は、どのような英文でもスラッシュリーディング練習が可能です。

総合英文読解ゼミ―高校英語

総合英文読解ゼミ―高校英語 <レビュー>

構文の学習をはじめる一冊として有用。5文型を中心にして、200パターンの構文を丁寧に解説している。類書と比べても構文解説の丁寧さが際立っている。著者の山口氏は「英文法講義の実況中継」でも知られるが、わかりやすい解説に定評がある。

五文型の底力―ここから始まる英語理解への5つ道具 (「底力」シリーズ 4)

五文型の底力 <レビュー>

5文型に特化した文法ガイド。基礎から解説しているが、あらゆる論点を網羅している。一通り構文学習を終えた人が、5文型をより深く理解するのに適している。通常の5文型の解説とは一味違った深さもある。

英語構文全解説 --The Perfect Study on ENGLISH SENTENCE STRUCTURES

英語構文全解説

多少マニアックながら伝説の名著。上記の「総合英文読解ゼミ」と同じく山口氏の著作。「読解ゼミ」と比べると、解説を削っていて、例文を増やし、網羅性を重視している。ある程度の構文力のある人が、英文読解のレベルをもう一段上げるときに有用。

英文直読TRY AGAIN!

英文直読TRY AGAIN!

日本語と英語の違いに着目しながら、英語を前から理解する(直読する)コツを解説する。構文の解説が中心になるのは類書と同じだが、スラッシュリーディングを正面から取り上げている。臨場感のある語り口調の文体で親しみやすい。

▼リスニング / サイトトランスレーション関連

CD付 VOAリスニングトレーニング―プロ通訳養成メソッド活用 (CD book)

VOAリスニングトレーニング

通訳養成学校で行われているサイト・トランスレーション練習。機能的な区切りごとに前から英文音声を理解する。要するに、スラッシュリーディングをリスニングで行うもの。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする