ニュースで学ぶ英語

このページは、政治・経済・社会などの英語ニュースを題材にしたおすすめ書籍教材の一覧です。

英語のレベルはやや高くなるので、効果的に学習するには中級以上の実力が必要となります。

海外ニュースメディアの紹介は、「海外の主要メディア」へ。

ニュース英語のWEBサイトを探すなら、「英語学習WEBサイト」へ。

ニュース英語のアプリを探すなら、「英語学習の定番スマホアプリ」へ。

英語ニュース教材の特徴

英語圏のニュース番組は、アンカー・レポーター・取材対象の軽快なやりとりが印象的。日本のニュース番組の中ではあまり感じることのない「スピード感」を楽しむことができる。

通常の英会話教材とは異なり、ニュースは難しい英単語が次々と出てくる。ボキャブラリーの重要性を痛感する。

書籍教材のメリット

今の時代、ネット上にいくらでも英語ニュース素材がある。書籍教材は必要ないようにも思える。

しかし、ニュース英語をテーマにした書籍教材は以下のメリットがあるため、未だに根強い人気がある。

  • ニュースが厳選されている。
  • 和訳や解説がある。
  • 書籍によっては内容把握のクイズがついている。
  • 限られた分量の素材を繰り返し学習するのに向いている。

上級者が大量に聞き流すなら、ネットの無料素材の方がいい。

限られた分量のニュース英語を繰り返し学習したいなら、書籍教材を検討する価値がある。

英語ニュースを素材にしたおすすめ書籍教材

(以下、画像をクリックするとAmazonの該当ページが開きます)

CD付 トップダウン方式 ニュース英語のリスニング

トップダウン式というのは、ニュースのメインアイディアを掴んでから、ディテールを聞き取ること。

内容把握をガイドする穴埋め問題があり、最初に大筋を聞き取るようにガイドして、その後ディテールへと進む。

著者の森田勝之氏は、ニュース英語教材の分野では有名な人。20年以上前、以下の教材をやったが、やたら面白かった記憶がある。

ニュースの内容そのものが面白い。何度聞いても飽きなかった。当時、1つのニュースを100回くらい聞いた。

はじめての英語ニュース・リスニング

アメリカの国営放送VOA(Voice of America)の中から、やさしい英語放送 Special English を素材にした教材。

現在、”Special English” は、”VOA Learning English” と名前を変えている。

1500語程度のやさしい語彙を使って、ナレーターは毎分100語程度でゆっくりとニュースを読む。各ニュースは1分程度で短い。

VOAについては、「VOA 公式アプリ」でも詳しいレビューを書いているので、そちらも参照してほしい。

英語力に自信はないけど、ニュースを素材にした英語で勉強したい。そんな人にとっては、VOAは有力な選択肢となる。

The NEWSHOURリスニング

米国の公共ネットワークPBSの「ニュースアワー」から。(本書は、日本で放映している「NHK BSニュース」とタイトルにある)

「ニュースアワー」は米国の超定番ニュース番組で、とにかく面白い。アンカーとレポーターの軽快なやり取りが印象的。

時事英語であると同時に、ダイアログ(対話)のリスニング練習にもなる。

本書は、1990年代の伝説のアンカー「ジム・レーラー」時代のもの。

90年代のニュースといっても、本書に掲載されているテーマは「オフィス革命」「教師能力試験」「ホロコースト生存者」「殺人を犯した子ども」という内容なので、古さを感じずに学習できる。

傑作の英語素材:スポット・アナウンスメント

AFN最強の生英語リスニング

米軍放送網のAFNからのスポット・アナウンスメントをテーマにした教材。

聞いたことがある人ならご存じのように、番組の間に公共CMのようなものが入る。1分程度の生活上のアドバイス、催し物の案内、青少年の非行防止など。

読み上げ形式のものもあれば、コメディ形式、ドラマ仕立てのものまであって、生活感溢れる内容とともにそれらの工夫が面白い。

数ある英語素材の中でも指折りの面白さで、ハマること間違いなし。

読み上げスピードが非常に速いので、中級以上向け。

シェアする

スポンサーリンク