英語初級(中学英語)レベルの教材

このページでは、英語初級レベルの方に向けて、おすすめの英語教材をご紹介しています。

初級レベルは、ちょうど「中学英語」に該当する英語レベルです。

レベルの目安:TOEIC225~465、英検4級~3級、中学2~高校1年程度。

リピーティングと音読で英語の土台を作る

初級レベルはリピーティングと音読によって英語の基礎を作る段階。

学習法については、トレーニング別のページで解説してあるのでそちらを参照のこと。

リピーティング・音読練習する英語素材は、自分のレベルに合っていればどんな教材も可能だ。

ただし、難しいものを選ばないように注意しよう。少し簡単に感じるくらいのものをたくさんやった方が上達は早い。

NHKラジオ 基礎英語2か基礎英語3

NHKラジオ基礎英語は音読・リピーティング用として無難な教材。

NHKラジオ英語講座コース案内」を参照。

ラジオ英語なら独学の孤独感を和らげることができる。初級レベルは、英語力に自信がなくて学習が辛くなりがち。ラジオ講座ならペースメーカーになる

基礎2と基礎3は、中学2年と中学3年の英語レベルに該当する。

3月4月以外の季節では途中参加になってしまうので、講座をまとめた書籍がリリースされている。

 

これらの書籍なら、1年分の講座を1冊で学習できる。ただし、ラジオの臨場感はない。

音読で鍛える英会話

音読の素材として、上記の書籍もおすすめ。著者は、NHKラジオ英語の元講師である岩村圭南氏。機能表現を60シーン収録した音読教材。レベルは中学2年程度。

短めのセンテンスを利用したり、同じ英文でダイアログとモノローグを構成するなど、音読トレーニングしやすい工夫が随所にある。

「賛成する」「尋ねる」「言い訳する」といった機能表現も学べる。

「音読で鍛える英会話」のレビュー

基礎文法をマスター

毎日の英文法

初級レベルは英文法が自分のものになっていない。理屈がわかっていても、文法を使って自分で話せないはずだ。

上記教材は、文法項目別にパターンプラクティスをすることで、話せるようになるのが狙い。

レベルは中学英語なので、初級レベルの人に最適だ。

本書で1つ1つの文法項目を身に付ければ、英語に自信が出てくる。

「毎日の英文法」のレビュー

英語と仲直りできる本

ネイティブが書いた文法教材。文法といっても、エッセイ風に軽く書かれているし、表現の項目も多いので気楽に学習できる。

著者は9年間にわたって日本で英語を教えたネイティブ講師で、「日本人なら必ず間違ってしまう・混乱するポイント」を上手にまとめている。

肩の力を抜いて、ソファやベッドで読むだけでも、英語力が向上するはずだ。

「英語と仲直りできる本」のレビュー

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

英語をやり直したい人に向けて、中学3年間の内容を1冊にまとめた教材。

英語の超基礎から丁寧に解説。すべての英文に音声CDがついている。

初級レベルは英語の土台となるので、基礎文法はしっかりと身に付けておきたい。

「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」のレビュー

疑問を持って学習する癖をつけよう

英語教材を漠然と勉強するのか、それとも自分から疑問を持って学習するのか。

その後の英語力に大きく影響するポイントになる。

たった1文からトコトン学べる 私の英語ノートを紹介します。

疑問を持って、調べて、書き込む英語学習の「ノート作り」を紹介した本。

ワンフレーズの英文にさまざまな情報を追加する。

ノート作りの参考にしてほしい。

「たった1文からトコトン学べる 私の英語ノートを紹介します。」のレビュー

英語学習法について調べてみよう

初級レベルになったら、英語学習法について何冊か本を読んでみよう。

「外国語を習得するとはどういうことか?」について興味を持てる人は、英語学習が継続しやすい。

英語学習法のおすすめ書籍ページで探してみよう。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク