ビジネス英語の敬語


ビジネス英語の敬語 微妙なニュアンスを英語で伝える 状況に応じたレベル別丁寧表現(CDつき)

著者:浅見ベートーベン
出版:クロスメディア・ランゲージ(インプレス)
発行日:2016/10/24

ビジネスシーン別に英語の敬語表現を紹介する。

それぞれのシーンでは、「カジュアル」「ふつう」「フォーマル」など丁寧さの段階別に表現を比較。

音声CD付きで、ダウンロードも可能。

ビジネスシーンを細かく分類

本書の特徴は、ビジネスシーンを細かく分類していること。

以下のビジネスシーンでの敬語表現を学ぶ。

  1. 電話
  2. ミーティング
  3. 雑談(スモールトーク)
  4. 報告・連絡・相談
  5. オフィス機器のトラブル
  6. アポイントメント
  7. 訪問
  8. 会社説明
  9. 交渉
  10. 注文
  11. クレーム・謝罪
  12. レストランでの接待と接客
  13. 出迎え・ホテル宿泊
  14. 工場見学
  15. プレゼンテーション
  16. 社内でのスピーチ

それぞれのビジネスシーンはさらに状況を細かく分類している。

たとえば、2章の「ミーティング」を例にすると、

  • 会議を始める
  • 初めての参加者を紹介する
  • 欠席者の名前を挙げる
  • 会議の目的を述べる
  • 前回の議事録を読む
  • 最新状況を説明する
  • 議事項目を確認する
  • 他の議題がないことを確認する
  • 役割を説明する
  • 項目ごとにかける時間を決める
  • 最初の項目を取り上げる
  • 次の項目に移る

などなど。上記は一部で、さらに多くのミーティング状況が収録されている。

英語の敬語表現を紹介する教材はたくさんあるが、ここまで細かくビジネスシーンを分類した教材は珍しい。

本書に目を通せば、あらゆるビジネスシーンの敬語表現がわかる。普通のビジネス英語表現集としても有用だ。

敬語表現を丁寧さの段階で比較

本書のもう一つの特徴は、丁寧さの度合いによって、4段階にレベル分けして英語表現を紹介していること。

  • カジュアル
  • ふつう
  • わりとフォーマル
  • かなりフォーマル

このレベル分けによって英語表現を比較している。

すべてのビジネスシーンで4段階とは限らず、2段階だったり3段階の項目もある。

上記画像は、10章「注文」の中の「キャンセルする」項目。

丁寧さの違う表現を比較するのは、極めて重要だ。

というのも、一番丁寧な「かなりフォーマル」表現を知っていれば、それで済むわけではない。丁寧過ぎる表現は、状況によっては不自然になる。

丁寧さの度合いが落ちる「わりとフォーマル」だったり、「ふつう」「カジュアル」の表現も知っておきたい。

英語表現を1つだけ学ぶよりも、比較しながら複数の表現を学んだ方が印象に残る

類書「敬語の英語 実践編」との比較

丁寧さの度合いの異なる英語表現を比較する教材として、「敬語の英語 実践編」が思い浮かぶ。

「敬語の英語 実践編」のメリット

「敬語の英語 実践編」は、「とても丁寧に」「常識的に丁寧」「ずばり、言いたいこと」の3段階で比較していた。

1つ1つの表現に解説がついていて、段階の違う表現の理解が深まるようになっている。通読することで、敬語の感覚が身に付く。

ただし、プライベートとビジネスの両方の表現を載せているので、収録されているビジネスシーンは限られている。

本書「ビジネス英語の敬語」のメリット

それにたいして、本書「ビジネス英語の敬語」は、表現についての解説がほとんどないので、それぞれの表現について理解を深めるのには向いていない。

ただし、圧倒的に多くのビジネスシーンを取り上げているメリットが大きい。しっかりビジネス英語を勉強したい人におすすめしたい。

本書には音声(CD+ダウンロード)も付いているので、耳からも敬語の英語表現に慣れることもできる。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク