英語の発想

1つの言語は1つの世界観に縛られる

翻訳の過程を分析することで、日本語と英語における発想の違いを探求する。

よく見かける「英語は客観的で日本語は主観的」という言葉を裏付けるような内容となっているが、実に説得力のある考察になっている。

たとえば、「医者の手がほんのわずかに滑っても、患者はたちどころに死んでいただろう。」というような(日本語の)情況があるとする。

英語では、その情況をどのように表現するだろうか。「医者の手の滑りは、患者の死を意味しただろう。」となるのである。つまり、情況から「滑り」「死」という概念を抽出して、それを文章の中心にしている。

(本書では、「状況」ではなく「情況」という漢字を使っている)

日本語が情況全体を「こと」として取り出しているのに、英語は情況から実体としての「もの」を取り出している。

日本語は文章全体を読み終わった後の映像イメージで情況を理解し、英語は名詞概念によるロジックによって情況を理解する、と考えられる。

同じ情況であっても、言語で表現するときの発想がまったく異なる。日本語の「こと」の感覚を英語で理解するのは、基本的に不可能ではないか。(逆も、また不可能だろう)

このような発想の違いというのは、一つの言語体系の中にいる間は通常分らない。その発想が常識になってしまうから、違う発想があることに気づくことはできない。

他の言語と比較することによって、はじめて違う世界観があり得ることを知る。そして、今まで親しんでいた言語は、キツイ縛りがあることも鮮明に浮かび上がってくる。今まで生きていた世界が相対化する瞬間といえる。外国語を学ぶ楽しさは、ここに真髄があるのではないだろうか。

本書のような言語文化論を読むと、英語からしばらく遠ざかっていた人も、英語を再開したくなってウズウズするはずだ。また、「日英以外の言語の発想はどうなっているのか?」という疑問もわいてくる。英語以外の外国語をすぐに勉強したくなることだろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする