日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術

日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講

著者:ウィリアム・A・ヴァンス, 神田房枝(監訳)
出版:CCCメディアハウス
発行日:2011/3/29

エール大学のヴァンス博士による英語コミュニケーション講義。

日本人の盲点となっているアドバイスを厳選。

英語圏におけるコミュニケーションの常識

タイトルに「ワンランク上」「エール大学厳選」とあるので、さぞかしハイレベルな内容だろうと身構える人が多いはず。

プロローグ(前書き)には、「まったく新しい次元へ皆さんをご招待します」とまで書いてある。

しかし、中身を見ると拍子抜けすることになる。些細なTIP集に過ぎない。 たとえば次のような項目がある。

  • Thank you の後に「何についての感謝」なのか付け加える。
  • I’m sorry. は「自信のなさ」を伝える。日本語の「すみません」の口癖感覚で言わない。
  • 口ごもってしまうくらいなら、veryをつけて相手の文章を肯定する。
  • NOとあからさまに言わない。婉曲的・建設的に断る。
  • ピンポンのように即答しない。相手の言葉をどのように理解したのか伝える。
  • You can で相手に提案するのは失礼。
  • 会話の最後には「話せてよかった」「もっと話したい」という気持ちを伝える。そうすると良い印象を残せる。

このような「ちょっとしたアドバイス」が30連発で続く。似た話をどこかで読んだことがあるかも知れない。

しかし、一通り読んでみると「なるほど!」と妙に納得してしまった。

意思疎通をはかる英語は、普通の英語教材で学ぶことができる。その先の「ワンランク上」とくれば、本書の内容になる。

流暢な英語よりも大切なこと

コミュニケーションというのは、「全人格的な交流」というより「ちょっとしたコツ」で多くが成り立っている。

本書のアドバイスは、英語のコミュニケーションを円滑に行うための基本的なコツといえる。流暢な英語よりも大切なことに違いない。

英語のレベルに関係なく役立つ内容だし、ビジネスに限らず、どんなシーンでも有効なアドバイスとなっている。

英語を教える立場の人は、英語の知識だけでなく、このようなアドバイスを含めて学生に伝えてほしい。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク