新・基本英文700選

700例文で文法構文を網羅

重要な構文、文法事項ごとに英文を700個収録した書籍。その網羅性に特徴があり、一通り学習すると重要な文法構文パターンをすべてチェックすることができる。受験英語における長年のベストセラー。

昔から賛否両論はあったが、使い方を間違えなければ実力アップに役立つ。まず、各文法・構文項目についての解説はほとんどないので、わからない点があれば他の解説書にあたる必要がある。当然ながら、文法初級者が取り組む教材ではない点に注意しよう。

「700選」のような網羅性のある教材のメリットは、知識の穴となっている部分を見つけられる点にある。一通り文法構文を学んだ人がチェック用に使うといいだろう。

本書のコアトレーニングともいえる「700例文の和訳・英訳」をやってみてもいい。和訳・英訳の平行ライティングは、原文復元法のページでも述べたが、やってみると学習効果が高いので、見直されるべき学習法ではないだろうか。ただし、各項目ごとに一例文なので、項目をしっかり身につけるためのパターンプラクティス系ライティングには適さない。あくまで、総チェック用である。

なお、社会人が英会話を身につけたい場合には、もっと文法項目数をしぼって、それを使いこなすようにすることが先決かも知れない。少ない英語の材料でも驚くほど多様なコミュニケーションが可能であり、「使える部分を増やしていく」というのが実用英語の基本といえる。受験勉強のように網羅性ばかり追求していくと、使えない英語で終わってしまう危険性がある。

ただし、リーディングにおいては広範囲な文法構文力がより求められるので、英会話だけでなく読み書きを含めたトータルな英語力という観点に立つとすれば、「700選」のような教材で構文力をブラッシュアップしておくことは重要といえる。

伊藤和夫氏の著作
受験英語・構文分析の代表的な講師。本書以外にも次のような著作があり、支持者も多い。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする