英語の発音練習はなぜ大切か

このページでは、英語の発音練習が大切である理由について解説しています。

英語の発音が下手だと気後れする

英語を人前で話すときに、気後れするということはないだろうか。そのような気後れは発音に苦手意識をもっていると発生しやすい。

たとえば、中学生時代を思い出してみると、英語の授業で発声するのが恥ずかしかった記憶はないだろうか。それは、自分の発音があまりに下手だったからではないだろうか。

音痴の人がカラオケで歌いたがらないのと同様に、発音下手の人はできれば英語を話したくないと考えている。

社会人が通う英会話スクールでも、発音に自信のない人ほどネイティブとの英会話がストレスになりやすい

発音の練習をしなければ発音は下手なままなので、そのような人は今まで発音練習を真剣にやったことがないはずだ。

発音に自信ができれば英語は楽しい

発音に自信があるとどうなるだろうか想像してほしい。

まず英語を口にすること自体が快楽になる。独りで発音するだけでも楽しくなるし、誰かと英語で話したくてたまらなくなる。

異国の言葉を発声することの快楽を知らなければ、外国語を学ぶ喜びは半減してしまうのだ。

つまり発音というのは、英語が通じるかどうかという以前に、英語が楽しいかどうか、そして英語学習をやる気になるかどうかに深く関わっている

そう考えてみると、発音練習は「英語習得の成否を分ける」とさえ言える。

完璧主義の人は苦労が増える

同じ発音レベルであっても、オープンな性格の人は自信をもって楽しく話せるだろうし、自分に厳しい人は発音に自信が持てない。

後者の場合には、人より少し高いレベルの発音を目指してみよう。

また、そのケースでは自分の認識を意図的に修正しておく必要もある。

世界中で話されている英語は各地域で個性的に発音されるものなので、完璧である必要はまったくない。

発音が重要なのは、自分の英語に自信をもって楽しく英語を発声するためである。

「そのうち」ではなく「最初に」発音を学んでおこう

英語学習をはじめる(やり直す)際には、最初に一通り発音練習しておくことをお勧めしたい。

音の違いや口の動かし方をある程度把握しておけば、その後の英語学習のたびに発音面に気を払うようになり、上達する素地が形成される。

もちろん、その後も発音練習を学習プランに組み込むことが望ましい。

英語の発音は難しい

最後に、日本語は英語に比べると発音される「音素」の数が少ないことも覚えておこう。

日本語ネイティブが従来もっている母音子音のままで英語を習得するのは、率直に言って「不可能」なのだ。

発音練習がなぜ重要かといえば、上記で書いたように発音が気後れと快楽とを分けるからである。それに加えて、私たちにとって英語の発音が難しいから、発音練習が必要なのである。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク