ラジオ英会話ダイアログ傑作選


遠山顕氏のNHK「ラジオ英会話」(2008年度~2017年度)から傑作ダイアログを選り抜きした教材。

「ジョン・ドウ一家」の連続物語を通して、平均的な家庭の生活を疑似体験できる。

自然な英語表現が身につくのが講座のウリ。

リアルな大人向け日常ダイアログ

ダイアログによる連続物語といえば、NHK基礎英語が思い浮かぶ。

遠山氏の「ラジオ英会話」は、それと一味違ったダイアログを提供していた。

日常生活のワンシーンをそのまま切り取ったようなリアルな英語となっている。ノンフィクションドキュメンタリーのワンシーンを切り取ったようなイメージ。

ジョン・ドウ一家がさまざまなトラブルを経験する。上記ページは、空港で愛犬が届かないトラブル。

基礎英語のような子供っぽさはまったくなくて、リアルな生活シーンをそのまま切り取った大人向けのダイアログとなる。

10代向けの「基礎英語」、ビジネスパーソン向けの「ビジネス英会話」にたいして、「ラジオ英会話」は大人向けの日常生活ダイアログを提供にしている。

レベルはごく自然な日常英会話レベルで、「基礎3」と同じくらいだろうか。「ラジオ英会話」講座は多様な素材を使っていてもう少しレベルが高かったが、本書のダイアログコーナーは易しめだった印象がある。

音声に日本語が含まれる点について

アマゾンのレビューにもあったが、当教材の音声CDには遠山氏の日本語が各ダイアログに含まれている。

これは、1990年代の「よりぬき英会話入門」から同じで、遠山氏の教材の特徴といえる。

この音声については賛否両論があるかも知れない。

ファンにとってはうれしいかぎりなのだが、シャドーイングのようなトレーニング学習がしずらいので、不満を漏らす人もいる。

遠山氏の教材は必死になってリピーティング練習するよりも、肩の力を抜いて英語表現を楽しむ方が向いている

普段、トレーニング練習ばかりやっている人にこそ試してほしい教材である。英語の楽しさを再確認できるはずだ。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク