私の英単語帳を公開します!

私の英単語帳を公開します!

著者:尾崎 哲夫
出版:幻冬舎
発行日:2004/3/26

著者の英単語帳を紹介する。

1つの英単語に様々な情報を追加することで、英語力を向上させる。

英単語を対訳で覚えている人は一読の価値あり

英単語帳というと、単語・和訳・例文がワンセットになって羅列されているイメージがあるが、学習効果という点で評判がよくない。本書は、そのような羅列型ではないひと味違った英単語帳を提案している。

ページを開いてみるとわかるが、実はそれほど変わった内容ではなく、要するに語法ノートなのである。

  • 派生語や類義語を載せる。
  • 多義語であれば意味ごとに例文を載せる。
  • その単語と結びつく前置詞を載せる。
  • 似た意味をもつ英単語をひとつのページにまとめて、それぞれのニュアンスの違いを書く。

ある程度英語を学習してきた人にとっては、まったく常識的なノートに感じられるだろう。

しかし、初級程度の方にとっては、英単語の機能(語法)に注目する覚え方として参考になるかもしれない。

特に、英単語と和訳を一対一対応で機械的に覚えているような人には、すぐにでもお勧めしたい内容である。

図解に注目

本書の中の図解に注目してほしい。英単語を丸でくくって派生語を矢印で結んで、というように単純ではあるが効果的な図解をしている。

勉強が得意な人のノートほど、大胆かつ有機的な図解が施されているという。

最近、「図解の仕方」といったタイプのビジネス書もよく見かけるが、図で表現するのは柔軟な発想を磨くのに役立つという。

英語に限らず、上から一行一行線状で書いていくノートのとり方は意識して避けるようにすると新たな発見があるかも。

英単語ではなくフレーズの場合

類書として、以下の教材をレビューした。

たった1文からトコトン学べる私の英語ノートを紹介します。

こちらは「英単語帳」ではなく「英語ノート」。英語のワンフレーズをもとにして、様々な情報を書き込む。

どちらの教材もコンセプトは同じ。単に丸暗記するのではなく、疑問をもって、調べて、ノートに書き込む・・・ということ。

英語が上手くなる人の基本的なスタンスなので、大いに参考になる。

シェアする

スポンサーリンク