イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880


イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880

著者:吉野 邦昭, 永井 堂元, 佐藤 文昭 (監修)
出版:あさ出版
発行日: 2017/2/28

イラストと「ダジャレ」で英単語を覚える本。

言葉遊び感覚で楽しむ教材。

英単語のダジャレとは

駄洒落(だじゃれ)とは「似通った音を持つ言葉をかける遊び」のことだが、本書では英単語の発音をダジャレにしている。

全単語にイラストがあり、けっこう分厚い。

具体的に中身を見てみよう。

↑ quit 「やめる、中止する」は、

クイッとビールを飲んで、今日の仕事をやめにした。

quitを見るたびに、この文章が浮かんできそうな気がする。ツボにはまるダジャレはずっと忘れないはずだ。イラストもいい。

次に、punctual「時間に正確な」を紹介したい。↓

パンクとちゃう?」彼が来ないのは。いつもは時間に正確なのに。

こんな感じで、英語の発音を語呂合わせにして、覚えやすくしている。

こういった言葉遊びは好き嫌いが分かれるが、好きな人なら1122個の英単語をこの要領で楽しめる

上記で紹介した英単語は、けっこう上手いダジャレにできているもの。中には、かなり無理があるダジャレもある。

トンチを愛でる

この手の教材は、学習効果を期待すべきものではないはず。

本書を読んでいる時間を「勉強時間」に入れるよりも、「趣味の時間」に読みたい。

著者はその英単語をどんなダジャレにしているのか。

「そうきたか!」「うまい!」とか、「それは無理」というように、笑点を観るように楽しもう

ダジャレだけではナンセンスに思えても、イラストがあるから許せる。

英単語の親近感を上げる

本書に収録されている英単語のレベルは、DUO3.0とほとんど同じだと思われる。高校英語の標準的なレベル。

このレベルの英単語力が極端に不足している人にとっては、英単語への親近感を上げる効果がある。

言葉遊びでもいいからテキトーに英単語に触れておく。そうすれば、通常の英語学習をしていて同じ単語に出会ったときに、「そういえば、これあった!」と思い出して記憶しやすくなる。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク