中学生の英単語2000

中学生の英単語2000
中学生の英単語2000

(無料)

中学レベルの基本英単語を学ぶアプリ。

英単語の意味を4択で答える。音声も流れる。

出題される英単語は細かくカテゴリ分けされている。

レベル・品詞・ジャンルで分類

「中学生の英単語2000」の特徴は、英単語がきっちりとカテゴリ分けされていること

最初の画面は以下。「基本」「標準」「発展」のレベルでまずカテゴリ分けされている。

「基本」をタップすると以下のように品詞別にカテゴリ分けされている。

「基本」レベルの中で、どの品詞の英単語を学ぶのか選択することになる。

そして、品詞を選ぶと、今度はジャンル別に学ぶ単語を選ぶ。

上記は、「発展」レベルの「名詞2」だが、「施設」「電化製品」「職業」など数多くのジャンル分けがされている。

「その他」の品詞を選ぶと、「副詞」「前置詞」「助動詞」などの出題も可能。それぞれ「場所を表す」「時を表す」といったようにジャンル分けされている。

このように、「レベル → 品詞 → ジャンル」でカテゴリ分けされていて、学習したい英単語が選べるのがいい。

まったく関連性のない英単語がバラバラに出題されるよりも、「曜日」「数」「時」など、同じジャンルの英単語の方が記憶に残りやすい

ランダムに出題する「実力テスト」もある。

快感が得られる4択クイズ

学習する英単語を選んだら、4択クイズが始まる。

時間は15秒以内。できるだけ早く解答したい。

もちろん英単語の音声が流れる。

英単語の日本語訳を4択の風船から選んで、タップする。

風船が割れて、正解かどうか判定。正解だとチャイムが鳴る。

これがけっこう気持ちよくて、癖になる。スマホアプリは操作時の「快感」が重要。

3問から7問程度の出題が終わると、挑戦結果が出る。

ここでも、音声アイコンをタップすれば、英単語の発音を聞くことができる。

英語入門者の方は、この「挑戦結果」画面で何度も発音を聞きながら、単語を覚えよう。

単語に慣れることは、外国語習得の第一歩。

シンプルだけど癖になる名アプリ

「中学生の英単語2000」を開発したのは学校ネット株式会社という会社。

HPによると、このアプリはAppStoreランキング(教育・無料)で1位獲得歴があるという。

非常にシンプルながら、風船を割るのが快感で癖になる。

英語入門レベルから初級レベルの人にとっては、スキマ時間にちょっと英語を学ぶ気になるはず

開発元は「早打ち英文法」というアプリもリリースしている。こちらも風船を割る音が快感となるアプリとなっている。合わせて学習していはいかがだろうか。

シェアする

スポンサーリンク