英単語「キクタン」シリーズ

「聞いて覚える」がコンセプトの英単語教材「キクタン」。

レベル別英単語の他、TOEIC、英検、英会話など、膨大なシリーズが発行されている。

すべてのタイトルに音声が付いている。

Amazon一覧 → キクタン

アルク公式サイト → キクタンファミリー

特徴1:聞いて覚えるためのチャンツ

キクタンの最大の特徴は、音声がチャンツで吹き込まれていること

音楽に合わせて単語と訳が読み上げられる。

チャンツで吹き込むメリットは、単調さがなくなるので、長時間にわたって聞き続ける気になること。

英単語を「聞いて覚える」というコンセプトの核となるのがチャンツ。

音声付きの英単語帳は山ほどあるが、チャンツで吹き込まれた英単語帳はキクタンだけだと思われる。

特徴2:1日〇語というスケジュール学習

キクタンの大きな特徴として、1日の学習量が前もって指定されていること

タイトルによって異なるが、1日8語~16語を学習することになっていて、2ヶ月ほどで完成するようになっている。

前もってスケジューリングされていると、英単語学習を継続しやすい。

1日の学習量も少ない。わずか2分~15分程度で、挫折を防ぐ設定になっている。

特徴3:目と耳で学習するだけでなく、口と手も使う

英単語を覚えるためには、テキストを見たり、音声を聞くだけでは不十分。

キクタンは口と手を使うことを推奨している。自分で発声すること、手で書くこと

音声を聞いて、自分で発声することで、英語は覚えられる。タイトルによっては、書き込むコーナーも用意されている。

特徴4:フレーズとセンテンスもある

英単語と日本語訳を1対1で覚えるわけではなく、フレーズやセンテンスも学習する。

たとえば、「改訂版キクタンEntry2000」の場合。

arrive だったら、「(~に)着く」という日本語訳だけではない。

フレーズで

arrive at a station (駅につく)

センテンスで

I arrived in Seattle the day before yesterday.
(私は一昨日、シアトルに着いた)

このようにarriveを使った例文を学ぶことになる。すべて音声付き。例文を聞いて、音読することを勧めている。

例文1つを取っても、非常によく考えられたものばかりで、キクタンが人気教材なのも納得だ。

以下、シリーズの中からいくつか実際に中身をご紹介したい。

「キクタン TOEIC」の中身

キクタンの中でも人気シリーズとなっているTOEICをご紹介したい。

「聞いて覚える英単語キクタンTOEIC Test Score500」

TOEIC500を突破するための初級向け単語帳。

  • チャンツCD2枚付属
  • 1日8語で8週間
  • 1日最短2分、最長15分

なんとも無理のない学習量で、これなら続ける気になるかも知れない。

左ページは、英単語と意味。そしてフレーズ。

右ページは、英単語とフレーズを書き込む。

めくったページが以下。

センテンスとなっていて、CDを真似て音読する。右ページは、空欄に書き込むようになっている。

このように、英単語、フレーズ、センテンスをセットにしながら、1日8語ずつ覚えていく。

英語が苦手な人も1日8語ならやる気になるはずだ。

少しずつでも英語に触れていけば、どんどん自信がついていく。

「キクタンビジネス」の中身

次に、キクタンビジネスの中身をチェックしてみよう。

「キクタンビジネス Super」

ビジネス英単語を覚える。全レベルが対象。

  • 1日16単語・熟語、7週間で784のビジネス語彙をマスターする
  • ジャンルは、「経済・景気」「仕事・人材」「製造・製品」「販売・流通」「金融・不動産」「IT・通信」「法律・税制」の7章。
  • チャンツCD2枚付属
  • 1日2分~6分の学習

キクタンビジネスは、フォントが小さめ。

見開き2ページで、「英単語」「日本語(+派生語)」「フレーズ」「センテンス」がびっしりと盛り込まれている。

見開き2ページで8単語なので、1日4ページ16単語を学ぶ。

知っている単語があっても、フレーズやセンテンスを学ぶつもりで一通り学習しよう。

キクタンビジネスも「英単語・フレーズ・センテンス」の3セットで学ぶので、基本的な構成は他のキクタンと同じだ。

非常によくできた単語帳なので、ビジネス英語を学んでいる方にお勧めしたい。

キクタン英会話の中身

「キクタン英会話」は、英単語ではなく会話表現を学ぶ。

コンセプトは同じで、「聞いて覚える」こと。

単に「キクタン」ブランドを転用しただけの教材ではない。通常のキクタンシリーズに負けないほど優れた内容となっていた。

「キクタン英会話【初級編】」

英会話の重要フレーズを学ぶ。

  • 1日8フレーズで20日完成。160フレーズを身に付ける。
  • チャンツでフレーズを吹き込んでいる。
  • ダイアログも学ぶ。
  • フレーズのバリエーションも学ぶ。

基本的にはフレーズとダイアログのセットで学ぶ。

左ページは、チャンツで覚えるフレーズ。

それぞれのフレーズには解説もついている。単にフレーズが並べられているわけではなく、1フレーズごとに解説を読むので、まったく単調ではない。

右ページはStep2で、ダイアログを聞く。ワンフレーズずつのやり取り。Step3はロールプレイをする。

なかなかよく考えられた構成ではないだろうか。

単にフレーズを羅列した教材に比べて、キクタン英会話はチャンツ、ダイアログ、ロールプレイという工夫がある。

本書には、フレーズバリエーションのコーナーもあって、41のフレーズについて単語を入れ替えたフレーズを紹介している。

例文はすべて音声付き。1フレーズごとにワンポイントの解説があるのも良い。

I’m sure ~とか、That’s why ~、Are you saying ~などなど。応用の効く重要表現が身につくことは間違いない。

キクタン英会話には、「海外旅行編」「オフィス編」「おもてなし編」など多数のシリーズがある。ぜひ試してみてほしい。

→ Amazon.co.jpのキクタン英会話シリーズ一覧

キクタンはおすすめシリーズ

このページで紹介した3冊は、キクタンの中のほんの一部。

とにかく膨大な量のキクタンシリーズがあるが、「チャンツ」「スケジュール」あたりの特徴はどれも共通している。

どれもなかなか優れた教材になっている。

キクタンシリーズで語彙力をつけて、「役に立った」と思っている人が多いからこそ、人気のシリーズとなっているはずだ。

英語の音声をしっかり聞いて記憶に残ること、1日わずかな学習量で挫折しないで済むこと。このあたりが人気の秘訣だろうか。

ぜひ試してみてほしい。

読み放題対象タイトルが多い

現在2018年10月の段階では、Amazon Kindleの読み放題 Kindle Unlimited 対象となっているタイトルが多かった。

月額980円のKindle Unlimited に加入すると、多数のキクタンが読み放題になる。

音声DL版と書いてあるタイトルなら、アルクのHPで音声をダウンロードできる。

CD版は、書籍版を購入しないと音声がないので要注意。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク