英語は絶対、勉強するな!

英語は絶対、勉強するな!―学校行かない・お金かけない・だけどペラペラ

著者:鄭 讃容
出版:サンマーク出版
発行日:2002/12

母語を介在させずに英語だけで学ぶメソッドを提案。

リーディングに偏った学習をしてきた人に向いているメソッド。

英語だけで学ぶスパルタメソッド

「勉強するな!」というタイトルが話題になった。

本書の内容を忠実に示すなら、「もっと勉強しろ!」となるだろう。幼児が言語を覚えたように英語を身につけていくので「勉強ではない」、と言いたいらしいが・・・・

本書のメソッドは以下のような流れになる。

  1. わからなくても徹底的に聞く
  2. ディクテーション(書き取り)をする
  3. 発声(CDをまねて声に出す)
  4. 意味を英英辞典で調べる。

上の手順をよく見てもらうとわかるように、母国語を介さないように学習するのが本書の特徴。

ディクテーションはとにかく音を聞いてそのまま書き取ってみること、意味を理解する前に音を真似て発声してみること、さらに意味を調べるときにも母国語ではなく英英辞典を使うこと、などである。

音に慣れさせ、そこから理解するための徹底的な手法であると考えられるので、この手順で学習する時期が一定期間あってもいいかもしれない。

特に、リーディングに偏った学習をしてきたために、文法・読解力はあるもののリスニングが極端に苦手な人がいるが、そういう人に向いていると思われる。

ただし、「必ず英英辞典を使う」といったメソッドから明らかなように、初級者は対象ではないので注意。

中級レベル以降は音から学習する

現在、音読シャドーイングなどの口を動かすトレーニングが主流になっている。

しかし、最初に英文テキストの内容を目から学習してしまって、その後トレーニングを行う人がいる。

一見それが効率的にみえるのだが、聞き取るための苦労をしていないので実際は英語力が伸び悩むことになるのではないだろうか。

本書のように、すべて音からトレーニングをする学習段階は、中級レベル以降になったら確保しておくと効果的だと思われる。

シェアする

スポンサーリンク