関谷英里子のビジネスに効く英単語101


NHKラジオ 入門ビジネス英語 関谷英里子のビジネスに効く英単語101

著者:関谷 英里子
出版:NHK出版
発行日:2011/10/12

101のキーワードをテーマにしてビジネス英語を学ぶ。

2011年度前期に放送されたNHKラジオ「入門ビジネス英語」のまとめ教材。

評価の高い講座だった。

英単語教材ではない

最初に誤解されがちな点から。

本書は、いわゆる英単語教材ではない。

101の英単語がテーマとなっているが、その101の英単語を覚えるための教材ではなく、あくまでビジネス英語を学ぶ教材。

101の英単語は、「ビジネステーマ」くらいの意味合い

中身を見てみよう。

以下、RESOURCE「資源」のページ。

見開き2ページで、ビジネス用語のRESOURCEのレッスン。

RESOURCEの説明。2つの短いダイアログ。解説。ニュアンスをつかむコラム。

このようにして、その英単語が使われるビジネスシーンを学ぶ

お馴染みのキーワード

RESOURCEの他にも、AIM, COMMIT, LAUNCH, TARGET, SHARE, MONITOR, FOCUS, FEEDBACK, など。

「エイム」「コミット」「ローンチ」「ターゲット」「シェア」・・・

日本でもお馴染みのビジネス用語で、カタカナで通じるものがほとんどだ。

そのような英単語をテーマにして、ビジネスシーンダイアログを学習したり、表現のTIPが解説されている。

簡潔なダイアログが秀逸

すべての英単語テーマにダイアログが2つ掲載されている。

そのダイアログが短めで、負担がない

ダイアログ1は2センテンス。ダイアログ2は3センテンスとなる。

このくらいの長さなら、英語に自信のないビジネスパーソンでも負担にならない。

杉田氏の「実践ビジネス英語」のまとめ教材とダイアログを比較してほしい。杉田氏の講座はたっぷりと対談が繰り広げられる。

そういった杉田氏の講座が負担になる人でも、本書なら取り組めるはずだ。

やさしいレベルのビジネス英語教材を探している人にぴったりの教材ではないだろうか。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク