マーク・ピーターセンの英語教材

マーク・ピーターセン氏について

日本文学を学ぶアメリカ人研究者。フルブライト留学生として来日後、東京工業大学を経て 明治大学教授に就任。「日本人の英語」の著書で一躍知られることとなった。

日本語をマスターしているので、すべての日本語著作を翻訳を通さずに自ら書いている。日本人と英米人との言語感覚のずれを分析し、徹底して文脈を掘り下げる形で文法事項を解説するのが特徴。日本語を研究している著者ならではの繊細な視点が興味深い。

著作全般を通して日本語への愛情と繊細な言語感性を見て取ることができる。読後感がさわやかでファンも多い。

主な著書

(注)以下、タイトルをクリックするとAmazon.co.jpの該当ページが開きます。

日本人の英語 <レビュー>
本書では、冠詞や不可算名詞など日本人が苦手とするポイントを見事に解説している定番ベストセラー。薄い新書ながら非常に濃厚な文法解説がなされている。ありがちなエッセイとは違って英語力アップに直結する実用性があり、上級者にも高く評価されている。


続・日本人の英語

続編。本書も通常の学習では理解しにくい英語のポイントを解説する。映画や文学から引用する部分が多く、日本語を学んだ著者の興味深い経験談もあるので、実用面が強く出ていた前著に比べると本書は読みやすく書かれている。


心にとどく英語

さらに続編。微妙なニュアンスを伝える英語の表現を映画などを例に解説する。さらにエッセイ色が強くでているので、英語が苦手な人は本書から上に向かって順に読んでいってもいいだろう。


英語の壁

本書は、日本在住20年を越え、日本語堪能、古典にも明るい著者の良質なエッセイ集。


英語で発見した日本の文学

「ノンネイティブの導きによって、日本語と日本文学を我々自身が再発見するという、スリリングな魅力にあふれている 」(アマゾンレビュー)

実践 日本人の英語 <レビュー>
名著「日本人の英語」から25年。シリーズ続編が久しぶりに刊行された。大学生の英作文を添削した経験を元に、日本人が間違いやすいポイントを解説。日米の言語観の違いがわかる良書。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする