ディビッド・セインの英語教材

ディビッド・セイン氏について

来日20年を超える英語教師。英会話学校での豊富な教授経験を元に数多くの英語教材を執筆。ディビッド・セインが開発した「1日5分で英語アタマをつくる」学習法は「NHK英語でしゃべらナイト」の付録として採用されて話題に。

ディビッド・セインの教材は軽めの教材から硬派のものまで幅広い。中でも日本人の英語がネイティブに間違って伝わる点を指摘した著作は、教材でありながら読み物としても楽しめる。

主な著書

(注)以下、タイトルをクリックするとAmazon.co.jpの該当ページが開きます。

使ってはいけない英語 <レビュー>

タイトルの通り、使ってはいけない英語の解説。丁寧に言ったつまりが失礼千万になる英語、よく使うフレーズの落とし穴、男・女に使ってはいけない表現などなど。例文は簡単だがどのレベルの人にも参考になる。

英語ライティングルールブック 第2版 正しく伝えるための文法・語法・句読法

英語ライティングルールブック 第2版 正しく伝えるための文法・語法・句読法 <レビュー>

ライティングのポイントを網羅した書籍。英文を書くための文法ポイントから、句読法、語法など、あらゆる観点からライティングをサポート。複数の例文を比較することで、センスの良い英文が身に付く。

ネイティヴチェックで鍛える ビジネス英文ライティング

ネイティヴチェックで鍛える ビジネス英文ライティング <レビュー>

ビジネス英文を効果的に学べる一冊。「依頼する」「提案する」といった目的別の表現から、「出張のアレンジ」「受注する」といったメール事例まで。ネイティブチェックの方式に特徴があり、ありがちな間違いの英文と模範英文を併記。両者を比較することで、センスの良い英文が身に付く。

知ったら使いたくなる英語

本書では洗練された英語フレーズを集めている。上品な英語、ずばり気持ちが伝わるひとこと、押さえておきたい無難なひとこと、相手を煙にまくトリッキーな言葉など。

その英語、ネイティブにはこう聞こえます

Sorry. とか No, thanks. とか This is for you. といったお馴染みの表現は、場合によっては乱暴だったり不愉快に聞こえることがある。本書では、それぞれの場面でその英語がネイティブにどう聞こえているかを解説している。ありがな間違いばかりで、一つ一つが笑い話のようでもあり、読んでいて楽しい。

敬語の英語 実践編 <レビュー>
丁寧な英語の表現集。「丁寧さの3段階」という切り口が特徴となっている。様々な状況別に「とても丁寧に」「常識的に丁寧」「ずばり、言いたいこと」の3段階で英語表現が紹介されている。丁寧さの加減が違う類似表現を比較することで、それぞれの表現がリアルに浮かびあがってくる。
その英語、ネイティブには正反対に聞こえます
言葉の選び方ひとつで間違って伝わる英語を解説。文法のちょっとした違いで意味が大きく異なる英語の解説など。
1日5分で英語脳をつくる音読ドリル
単語をマーキングしながら音読する学習法。1日5分の手軽さで継続しやすい。NHK英語でしゃべらナイトで話題になった。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする