ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

英語の仕組みをやさしく解説

簡単に読み通せるように工夫された英文ストーリー。わかりやすく英文構造が解説されていたり、主語や動詞など文法機能ごとに色分けされている。初心者が読みながら英語の構造が自然と身に付くようになっている良書。

一見、新しい内容に思われるのだが、読んでみると昔からのスタンダードな手法であることがわかる。いわゆる5文型をわかりやすい概念で説明しているのが本書。英文の一文一文を文型解析に焦点を当てて読んでいくわけだが、これは受験英語のもっともスタンダードな学習法で、英語の構造をしっかり理解するためには欠かせない段階といえる。

考えてみると、一般向けの英語学習書籍にはこの手のものがあまりなかった。中学や高校でやることなので、今まで一般向けには発行されなかったのだろうか。

本書の色分け補助は、あくまで英語に慣れるためのものと考えたい。文法的基礎ができていないと、結局いつまでたっても自分で英文を読むことができない。初心者の方は、本書のシリーズで英文のイメージがつかめたら、次の段階に進んでいただきたい。

入門者が軽く目を通す本

英語の入門者がとっつきやすいように、文法用語を使わず絵で文法事項を説明している。この工夫は評価できるが、少し英文が複雑になると、無理が生じて逆にわかりにくくなっている。他の簡単な文法解説書と合わせて学習すればより効果的だろう。

本書では英単語の上に和訳が書いてある。初心者がやりがちなのだが、これをやってしまうと、いつまでも英語に慣れることができない。ルビふりは、語学において「やってはいけないこと」の一つだと考えられている。本書はあくまで英文のイメージを掴むためと割り切って、なるべく早く卒業するか、違う学習を平行して行うことをお薦めしたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする