英検ネットドリル

「英検ネットドリル」は、パソコン・タブレットPCを使って、ネット上で学習するサービス。

以下の英検教材を提供している。

  • でる順パス単
  • 7日間完成予想問題ドリル
  • 過去6回全問題集及びCD

上記は旺文社の定番教材。

コースは、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級がある。

→ 旺文社 英検ネットドリル

『開発及び販売元:株式会社ショウイン』

ネットで英検の学習をするメリット

ネット学習のメリットは、スピーディーに学習できること。

  • クリックひとつで解答を選択。
  • 正誤の判定は自動で、成績を記録。
  • もちろん音声も聞くことができる。

書籍で学習するときのように、ページをめくったりCDをセットする必要もない

また、以下のようなソフトウェア特有の機能もある。

  • クリックひとつで英単語の意味を表示する辞書機能
  • 間違えた問題だけを復習する弱点チェック

では実際に画面を見てみよう。

こんな画面で学習

以下、2級のコース。

でる順パス単

英単語(熟語・フレーズ)の意味を4択から選択する。

解答後に例文が表示され、音声も流れる。

予想問題ドリル

予想問題なので、出題形式は英検に準じている。

上記は空所補充問題。空所に入る英単語を4択で選んで解答する。

上記は予想問題ドリルのリスニング問題。

実際の検定時には1回だが、何度も音声を聞くことが可能。

検定は数多くの問題をこなす

英検ネットドリルは、上記でご紹介したようにボキャブラリーと問題(予想問題と過去問)をネットで学習するサービス

英語力を上げるためには、それ以外の英語学習が必要となるのは言うまでもない。

ただし、検定試験は問題を数多くこなすことが合格のカギとなる。英検ネットドリルは英検の問題を大量にこなすサービスとして有用だ。

英検合格までの合理的な道筋を知る

英検ネットドリルを使うと、間違えた問題から自分の弱点もわかるし、合格までにどのくらいの距離があるのかわかる。

そこから、試験日までにどんな英語学習が必要なのかについて理解できる。

語彙が足りないのか、リスニングについていけたのか、文法でわからない部分はなかったのか。

英検合格に必要なことが英検ネットドリルから見えてくる。

ゲーム感覚でこなす

書籍とCDを使った学習は、どうしても「お勉強感覚」になって腰が重くなる。

ネット教材はクリックだけでサクサク進むし、正解したときや間違えたときの効果音がある。

成績も勝手に保存されるので、細かいことを考えずに、次々に問題に反応するだけでいい

まさにゲーム感覚で英語学習できるのがメリット

→ 旺文社 英検ネットドリル

『開発及び販売元:株式会社ショウイン』

シェアする

スポンサーリンク