TOEIC公式問題集シリーズ

このページでは、TOEICを運営している「一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会」が発行している問題集や教材をご紹介しています。

問題を開発しているのは、本番と同様にETS(Educational Testing Service)となります。

もっとも本試験に近いので、問題集を用意するならこのシリーズをおいて他にありません。

公式 TOEIC L&R 問題集シリーズ

TOEIC L&R 公式問題集のレビュー

2017年12月発行。

2016年5月からの新形式問題に対応。TOEIC L&Rになって3冊目の公式問題集。

サンプル問題の他、200問×2回分で、400問収録。

解答・解説は別冊になっていて使いやすい。解答ページは問題も含まれていて、素晴らしい。

英語の音声部分も書き起こされていて、和訳もある。

TOEICを受験する人は、ごく普通の英語素材として日頃から使っておきたい。模擬試験として使うのではもったいないくらいだ。

TOEIC公式プラクティス

2014年に発行されているが、2016年TOEIC改訂はごくわずかなので、たいして違いはない。

(2006年改訂は大きな改訂だったので、それ以降に作られた問題集を使うこと)

リスニング編

Part1から4までテーマ別に学習する。たとえば、Part1の写真描写問題であれば、「人物の描写」「物の描写」というように出題の意図を分類している。

このタイプの対策本をTOEIC運営元が公式で出すべきだったかどうか。TOEIC教材を発行する他の出版社の立場がないので、賛否はありそうだが。

受験者なら、目を通しておきたい内容ではある。

注意点は、TOEICスコア730以下を対象にしていること。それ以上のスコアの人にとっては、簡単すぎてスコアアップに役立つかどうか微妙。

リーディング編

リーディング編もTOEICスコア350~730点程度が対象。

文法や語彙について、基礎から段階的に学べる点に特徴がある。

リーディング全パートのポイントを解説しているほか、テーマ別に問題を出題している。

本番形式のテストも100問収録されている。

こちらも目を通しておきたい。

シェアする

スポンサーリンク