関谷英里子のたった3文でOK!ビジネスパーソンの英文メール術


関谷英里子のたった3文でOK!ビジネスパーソンの英文メール術

著者:関谷英里子
出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発行日:2012/9/20

ビジネス英文メールの文例集。

メール文例は3文(3センテンス)で書かれている。

「伝えたいことを端的に伝える」ことを主眼としたお勧め教材。

3センテンスで必要十分

ビジネス英文メールをテーマにした教材は多数あるが、本書は珍しいコンセプトを掲げている。

すべての英文メールをたった3文(3センテンス)で書いている。

端的に伝える」ための3文を学ぶのが狙い。

実際にメール文例を見てみよう。以下、「見積書を依頼する」メール文例。

  1. サンプルを気に入ったこと
  2. オーダーとほしい日程
  3. 見積書の依頼

この3センテンスで、見積書を依頼する英文メールが書かれている。

端的でわかりやすく、必要十分な内容だった。

次に、社内メールの文例を見てみよう。

進捗状況を報告する2」の文例で、プロジェクトがうまくいっていないケース。

  1. プロジェクトの進捗が思わしくないこと
  2. どれくらい遅れそうか
  3. 対策を練りたい

この3センテンスで構成されている。

これも必要十分な内容だ。

「他に何か書くことある?」という感覚

本書のビジネスメール文例は、どれもシンプルで伝わりやすく、必要なことはすべて書かれている。

他に何か書くとしたら、どんな内容があるだろうか?

加えるセンテンスが思い浮かばないほどだ

考えてもみれば、Eメールは簡潔に書くのが大前提。3センテンス程度がちょうどいい

ビジネスチャットの普及でもっとシンプルに

最近はメッセージアプリを用いたビジネスチャットが普及している。3文どころか1文のやりとりが基本。

メールにも影響を及ぼして、今後はますますシンプルな文章が好まれるはずだ。

英文メールは3センテンス程度で書くことが当たり前になるかも知れない。ダラダラした長文メールは読んでもらえなくなるだろう。

3文だから英文メールに自信がつく

本書では50のメール文例を掲載している。

以下のテーマで章立てしている。

  • あいさつ
  • 問い合わせ
  • 商品の発注・受注
  • 交渉
  • クレーム
  • 謝罪
  • アポイントの設定
  • 社内のやりとり
  • 距離が縮まるメール(休暇の連絡、歓迎会のお誘い、転勤のお知らせ、等)

すべてビジネスEメールが3センテンス程度で、しかも簡単な英語を使っている。

本書を一読すると、「このくらいの英文メールなら自分でも書ける!」という気になる。「たった3文」の英文メール教材は、学習者に自信をつけてくれる。

もちろん、すべてのビジネスメールが3文で済むはずもないので、他のビジネス英語ライティングの教材もあたってほしい。

しかし、まずは本書「たった3文」の英文メールから練習することを強くお勧めしたい。英文メールの基本がしっかり身につく。

シェアする

スポンサーリンク