ロゼッタストーン英語

母語の干渉を避ける工夫

ロゼッタストーン 英語(アメリカ)レベル1 v4 TOTALe

英語学習ソフト。ロゼッタストーンは米国のソフトウェア会社で、09年4月にナスダックに上場。外国語習得ソフトウェアを世界規模で販売している。

この教材は、映像と音声を結び付けながら学習する。たとえば、人が食事をしている写真が表示され、音声(eat)が流れる。この映像から「音声(eat)は食べるということなんだな」と類推することになる。

この要領で単語を覚え、ステップが進むとそれらの単語を組み合わせてフレーズを作っていくことになる。「eat = 食べる 」などと母国語で説明してしまえば意味は一瞬でわかるが、あえて遠回りして映像だけで判断させる。これによって母語の干渉を防ぎつつ外国語を習得できる。(対訳癖から脱却する効果がある。)

また、音声認識エンジンが搭載されていて、こちらの発声で答える練習が大量に組み込まれている。このタイプのトレーニングをこなしておけば、実際に英語を使う場面ですんなり英語が出てくることだろう。

もっとも大きなメリットは疲れないことではないだろうか。辞書や文法書や母国語の翻訳テキストは使用しない。日本語に訳すこともなく、暗記も要求されない。ゲームのようにその場その場で反応するだけでOK。考える負荷がないので気楽にできる。従来の英語学習にうんざりしている学習者に朗報といえる

高価格な教材なのだが、売れ筋ということで話題に上ることが多くなってきた。08年には全世界で約270億円(3億ドル)を売りあげたという。語学ソフトとして完成度が高いことは事実だろう。

資金が乏しいときに無理やり買うものではないが、資金的に余裕のある人は試してみたい教材といえる。特に、従来型の英語学習に気乗りしない人にお勧めしたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする