英語の発音を学ぶ

無料で発音を学ぶWEBサイト

動画や音声を使って発音を学ぶ無料サイト。

英語発音入門
甲南大学のe-Learning コンテンツ。イギリス発音とアメリカ発音の両方を学ぶことができる。それぞれの音素について、動画、音声、模式図を使って解説している。基本的には発音の知識はこのサイトで充分。
pronunciation-english.com
「英語・音の素」がリニューアルして上記サイトに。音の素へのリンクはトップページにある。このサイトは、発音の音声、簡潔な解説、口の動きの動画がワンセットで見ることができる。動作も軽くてストレスなく練習できる。
発音記号3時間マスター
発音記号毎に、動画と音声を使って発音している。上記2つのサイトとの違いは、発音記号をマスターする点を重視していること。「国際発音記号と日本式発音記号、どこが違うの?」といったコンテンツがある。
発音記号一覧
すべての発音記号が1ページで簡潔に解説されている。動画や音声はないけど、うっかり忘れた発音記号を確認するにはお手軽。

書籍教材で英語の発音を学ぶ

一通り発音を学ぶなら以下のような書籍教材がおすすめ。価格もお手ごろ。

英語は5つの口で発音できる!
5つの口の形から発音を学ぶ。アクセント、音の変化、イントネーションなど、ひと通りの発音ポイントが無理なくまとめられている。
英語の発音・ルールブック
昔のNHK新基礎3「Chant IT」を書籍化。70のステップとチャンツで発音を学ぶ。ごくごくベーシックな発音練習本。
英語がどんどん聞き取れる!リスニンガールの耳ルール30
ナチュラルスピードの英語は、音が変化したり、消失したり、連結する。それらのポイントを30にまとめた教材。自分で発声することで、聞き取れるようになる。

英語の発音を学ぶスマホアプリ

無料のスマホアプリでも発音教材がある。

英語発音ドリルAtoZ

英語のフレーズを聞いて、それを自分でも発声する。すると自動で判定して、点数が出る。発音が悪かった部分も表示される。判定は甘い。

点数を上げたくなって英語を何度も発声する気になる。今まで声に出す練習をやってこなかった人は、こういったアプリを試してほしい。

発音矯正のちょっと面白い小道具

日本語ネイティブにとってLとRの発音が難しい。自分で発音をするのも難しいので、聞き分けも難しくなる。

そこで、LとRの発音習得に特化した小道具がある。

英語のLとRの発音を瞬時に矯正する道具 ReaL Stick(特許取得済)

スティックを加えて発音練習すると、短時間に正確な発音ができるという。

英語に苦手意識のある人は、必ず発音練習をしよう

「英語を発声するのが恥ずかしい」という思いが少しでもある人は、すぐに発音の練習をはじめよう。発声に苦手意識があると英語の勉強が辛くなるし、いつまでたっても英語が上達しない。

必ずしも発音が上手い必要はないのだが、苦手意識はなくした方がいい。発音練習を一定の期間こなすことで、英語に対する認識が変わることがある。

くわしくはTIP集にある「発音練習はなぜ大切か」を参照。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク