TOEIC対策ソフト

このページでは、パソコン用のTOEIC学習ソフトをご紹介します。

ニンテンドーDS用は、ニンテンドーDSの英語学習ソフトへ。

スマホアプリは、英語学習の定番スマホアプリ一覧へ。

無料のPCソフトは、英語学習に役立つフリーソフトへ。

ソフト学習とTOEICは相性が良い

パソコンソフトは、クリック一つで音声再生とマークシート選択、成績保存などができるため、書籍教材の音声CDで学習するよりも使い勝手が良い。

TOEICの性質上、数多くの問題に触れておくことが有効なので、ソフトウェア教材を積極的に活用しよう。

鬼のように特訓するシリーズ

TOEIC学習ソフトの定番と言えばこれ。「ネットブック対応版」と銘打っていて、CDドライブがない人のためにダウンロードライセンスがついている。

▼気になるOS対応▼

発売されたのは2009年なので、最新のWindowsやMacで動くのか疑問の人が多いはず。

メーカーである「がくげい」のソフトウェア動作環境一覧ページよると、Windows 10 /8.1/7で、すべての機能が問題なく動作するとのこと。Mac OSは、10.6~10.11(ダウンロード版のみ10.10~10.13)対応とある。

新TOEICテスト リスニング問題を鬼のように特訓するソフト!

リスニングセクションの特訓ソフト。Part1の「写真描写問題」からPart4「説明文問題」まで、それぞれのパート対策。間違えやすいポイントなどを解説している。

TOEICそっくりの「模擬試験」もついている。

新TOEICテスト文法問題を鬼のように特訓するソフト!

TOEIC文法問題の特訓ソフト。全706問と要点チェック164問で、文法の全範囲をカバーしている。

解説・チェック問題・特訓問題の3ステップで、文法問題をパターン別に解く。1問1問に解説が付き、必要な文法知識を効率よく身につけることが可能。タイマー機能でスピードアップを図る工夫もある。

チャート機能付きで、試験前日の弱点チェックにも使える。

リーディングセクション特化の教材

リスニングセクション重視のTOEIC学習ソフトが多い中で、貴重なリーディング専門のPCソフト教材。

対応OSは、Windows 10、8、7、Vista、XPとある。(発売されたのは2011年だが、Win10に対応しているとのこと)

PCで徹底演習 TOEIC TESTリーディング

書籍とCD-ROMがセットになっていて、書籍では例題を使いながら攻略ポイントを解説。PCでは大量の練習問題をこなす。

CD-ROMには練習問題を900問収録。回答結果の記録もできる。

メディアファイブのTOEIC完全マスターシリーズ

2017年に発売されたTOEIC対策のPC学習ソフト。

7つの学習でマスターする。

  • 問題効率学習法:様々な出題方法で学習
  • 東大記憶学習法:スーパー単語暗記術
  • 速読学習法:表示の速さを調節
  • 忘却防止学習法:定期的に復習
  • スケジュール学習法:期間を設定すると自動でスケジュールを作成
  • ゲーム学習法:飽きずに学習
  • モバイル学習法:スマホに転送できる

この中で「学習法」と呼べるのは上の3つくらいだが、ソフトウェアの特徴を存分に活かしたTOEIC教材になっている。

  

シリーズは、TOEIC460、TOEIC600、TOEIC800の3つ。

当面の目標スコアから選択しよう。

シェアする

スポンサーリンク