英語の発音を学ぶ

無料で発音を学ぶWEBサイト

動画や音声を使って発音を学ぶ無料サイト。

英語発音入門
甲南大学のe-Learning コンテンツ。イギリス発音とアメリカ発音の両方を学ぶことができる。それぞれの音素について、動画、音声、模式図を使って解説している。基本的には発音の知識はこのサイトで充分。
pronunciation-english.com
「英語・音の素」がリニューアルして上記サイトに。音の素へのリンクはトップページにある。このサイトは、発音の音声、簡潔な解説、口の動きの動画がワンセットで見ることができる。動作も軽くてストレスなく練習できる。
発音記号3時間マスター
発音記号毎に、動画と音声を使って発音している。上記2つのサイトとの違いは、発音記号をマスターする点を重視していること。「国際発音記号と日本式発音記号、どこが違うの?」といったコンテンツがある。
発音記号一覧
すべての発音記号が1ページで簡潔に解説されている。動画や音声はないけど、うっかり忘れた発音記号を確認するにはお手軽。

通販のDVD教材で発音を身に付ける

発音を確認するだけなら、上記のような無料サイトがいくらでもある。しかし、すぐに飽きてしまって学習が続かない傾向があるので、無料サイトだけで発音を向上させるのは難しいかも知れない。

そのような場合、有料の発音学習プログラムを検討する価値がある。集中的に学習する「きっかけ」になる。

有名な教材として、以下のようなDVDプログラムがある。30日の集中トレーニング。

最短30日で世界レベル3の発音になれるスコット先生の発音大学DVD

コストは多少かかるものの、発音が目に見えて上達するなら悪くない。その後の英語学習とか、英語を使ったコミュニケーションが楽しくなるはず。

ベーシックな書籍教材で学ぶ

一通り発音項目毎に学ぶなら以下のような書籍教材がある。価格もお手ごろ。

英語の発音・ルールブック <レビュー>
昔のNHK新基礎3「Chant IT」を書籍化。70のステップとチャンツで発音を学ぶ。ごくごくベーシックな発音練習本。
英語耳
発音できることによって聞き分けもできるというコンセプト。基本的にはごく普通の発音練習本。

英語に苦手意識のある人は、必ず発音練習をしよう

「英語を発声するのが恥ずかしい」という思いが少しでもある人は、すぐに発音の練習をはじめよう。発声するときに苦手意識があると英語の勉強が辛いし、いつまでたっても英語が上達しない。

必ずしも発音が上手い必要はないのだが、苦手意識はなくした方がいい。発音練習を一定の期間こなすことで、英語に対する認識が変わることがある。

くわしくはTIP集にある「発音練習はなぜ大切か」を参照。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする