英語発音ドリルAtoZ

スピーキング&リスニング 英語発音ドリルAtoZ
スピーキング&リスニング 英語発音ドリルAtoZ

(無料)

発音の判定をしてくれるアプリ。

お手本となる英語フレーズを聞いて、自分でも発声する。すると自動で判定してくれる。

シンプルな練習だが、スコアを上げたくなって、何度も発声したくなる。

お手本に近づくほど点数が上がる

英語発音ドリルAtoZは、「発音」とは言っても、母音・子音といった個々の音素を練習するわけではない。

あくまで、英語フレーズの発声であり、どちらかというとイントネーションが重視される。通じるかどうかの実践に近いかも知れない。

アプリのメニュー画面では、まずカテゴリを選ぶ。

それぞれのテーマにそった英語フレーズを練習することになる。

カテゴリを選ぶと、次はレベルを選択する。レベルが上がるほど長いフレーズになる。

そして、実際に練習開始。

まずお手本の音声が流れる。「お手本」をタップすれば何度でも聞くことができる。

そして、下のマイクアイコンをタップして、自分でも発声する。

すると、自動で判定してくれる

上記のように悪い発音部分は赤字で表示される。

英語を声に出したくなるアプリ

英語の発音に自信がない人は、声に出す練習を避けるようになり、いつまでも上達しない。

このアプリがあれば、一人で練習できるし、判定もしてくれる。

英語を発声する気になるはずだ。

スコア100%がでるとうれしい。

シンプルな練習ながら、100%が出るまで何度も挑戦したくなる

日頃、英語の発声練習を避けている人に、このアプリをお勧めしたい。

判定はすごく甘い

判定の精度についてだが、かなり甘いと感じた。

どんなに適当に発音しても、50%を下回ることはなかった。

超適当にフガフガ発音しても、こんな感じ。

スコアではなく、バツ印のダメ出しを見れば、まずい発音だとわかる。

そして、ちょっと気をつけて発声しただけで、80%、90%と上がっていく

この判定の甘さは、練習のモチベーションを損なわないための配慮かも知れない。

考えてみれば、発音は地域毎に個性的なものだから、ネイティブの発声と瓜二つである必要はない。

練習する気になることが何より大切だと感じた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする