英語のリスニング力をつける

音読+リピーティングが基本

リスニングの基礎力をつけるためには、英語を聴くことよりも英語をしゃべることの方が重要となる。すっかり当たり前になった英語の音読およびリピーティングトレーニングだが、リスニングの基礎力をつける上で何度強調してもしすぎることはない。ただし、必ず音声付の教材でやること。初級者の音読はリピーティングの一環であることを忘れないようにしよう。

ディクテーションで脱サバイバルイングリッシュ

さらにお薦めしたいのは、耳で聞いた英語を書き起こすディクテーション練習である。聞き取れた単語から意味を類推するサバイバルイングリッシュから抜け出るためには欠かせないトレーニングである。この練習によって、「適当に聞き取る癖」から一日でも早く抜け出そう。

シャドーイングでスピードアップ

音読と並んで重要なのは、シャドーニングトレーニングとなる。音読の場合は、どうしても「自分のスピード、自分の発音」になりがちだが、中級の壁を超えるためには「英語の自然なスピード、ある程度正確な発音」が欠かせない。シャドーイングは、英語のスピードに慣れつつ、イントネーションを身につけることもできる。さらに、耳から入った英語の内容を瞬時に把握するトレーニングでもある。英語のリーディング力はあるけどリスニング力がないというような方には、格別の学習効果があるのでぜひ試して欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする