ヤスの英語

必見の英会話上達法サイト

ヤスの英語

以前は「ヤスの英会話」というサイトだったが、最近「ヤスの英語」としてリニューアルした。英会話上達の秘訣を提供している重要サイトなので、今回改めてピックアップ。

このサイトでは、日英の文化的(言語的)な差異に注目して、日本人の英語が通じない理由を分析している。

たとえば、「上司の数が多くて、マネージメントが非効率だ」という言葉について考えてみよう。日本人同士の会話なら、この言葉は通用する。実際、日本ではよく耳にするようなフレーズだ。

しかし、英語圏で話すと「なぜ上司が多いことが非効率なのか?必要だからいるのではないか?」と言われて成立しない。

そこで、「プロジェクトにかかわっているすべての人間のコンセンサスを取るため意志決定に長い時間をかけるという意味で非効率」まで具体的に説明する必要がある。

日本人同士なら「要約的・抽象的」な内容で通用してしまうものが、外国人との会話では通用しない。写実的な説明ができないと外国人とのコミュニケーションは成立しない

そういったことを秀逸な会話例文を使って説明している。このサイトに訪れた人は一次元高いレベルから英語習得について考えることができるようになる。

英語上達のイメージとしてこれ以上のものはない

文化圏の違う言語を習得するのが困難ということはわかった。では、日本の英語学習者はどうすればいいのか。その部分こそ「ヤスの英語」の本領で、英会話上達の具体的なコツを公開している。

「初級レベル」では徹底的に簡単な英文をつないでいく。まるで、見たままの光景を羅列するかのように。

「中級・上級レベル」では、話そうとする(日本語の)内容を徹底的に分解する。それを論理的に再構成する。

実際に読んでもらえればわかるが、なんとも現実的な英会話のコツになっている。この「初級」「中級・上級」の二つのステップは、英会話の上達イメージとして非常に適切なものだ。

「英語が出来るようになるとはどういうことか?」の具体的な姿がそこにある。英語の学習をしている方は、この2つのステップを目標にするといいだろう。

「ヤスの英会話」は、昔から英語学習者にとって定番サイトになっている。当サイトでも以前からご紹介しているが、もし見たことがない人がいたら是非一読してほしい。

サイト管理人:高島氏の著書

実践 英文ライティング入門―ビジネスにすぐ活かせる技術が身につく

その英語ネイティブはゼッタイ使わない!―日本人特有の変な表現は誤解のもと

音声読み上げソフトで練習する速読即解英文リーディング

CD‐ROMを使った英会話「英訳」トレーニング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする