ペラペラになれる3分間英語勉強法

ちょっとした合間にも英語学習

ペラペラになれる3分間英語勉強法

「ペラペラ」「3分間」などといったタイトルを見ると、どうせいい加減な内容だろうと先入観をもってしまう。実際に読んでみたらなかなか良書だった。(このようなタイトルをつけるのはやめた方がいいと思うのだが・・)

本書の内容は、英語学習の心構え、勉強法の間違いをチェック、著者の経験談からみた英語勉強法、、、と続く。これらはごく正統派の学習ガイドで、初級者から中級者の方に参考になるだろう。そして最後に「ペラペラになれる3分間英語勉強法」実践編がある。3分間英語勉強法とは、日常生活のちょっとした合間の時間(バスや電車の待ち時間、お風呂に入っているときなど)を使った勉強法のこと。

たとえば、お風呂の中で自分の一日を英語で言ってみる勉強法が紹介されている。簡単なフレーズで羅列してみることからはじめる。朝起きた、バスに乗った、図書館に行った、パスタを食べた、、、、。この勉強法は最近流行の英語で日記を書く学習に類似したものといえるだろう。ごく簡単な文章でもいいから、自分のリアリティをとにかく表現してみることが英会話の第一歩なのだ。

また、目に映ったものを英語で言ってみる勉強法も紹介されている。机、イス、ゴミ箱、廊下、お皿、、、、なんでも身近なものを英語で言ってみよう。英語ができる人ほど、「これを英語でなんと言うのだろうか」という探求心が旺盛なのではないだろうか。だからこそ、「ああ。そのように言うのか!」というアハ!体験を日常で繰り返し、自分の人生に密着した使える英語が形成されるのだろう。

その他にも、当サイトで強くお薦めしているコロケーション学習についても、「動詞と名詞をセットで覚える」勉強法として紹介されている。重要な学習法というのは、英語が上達する過程で自然と行うものなのかもしれない。

英語上級者の経験に基づく本書のような学習ガイドは、これから英語を学習する人にとって他では得難い知恵に満ちている。英語初級者の人にはぜひ数多くの学習ガイドに触れてみてほしい。当サイトでも今後集中的にピックアップしていきたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする