リピーティングの学習法と英語教材

トレーニング概要

「繰り返す」という意味の通り、付属CDなどの音声を真似して声に出すトレーニングのこと。リスニング学習で用いられ、初級者から中級者まで英語学習の中心となる。

具体的には、オーバーラッピング、シャドーイング、センテンスリピートなど多様なトレーニングを含んでいる。そのため、最近はリピーティングとは言わずに、それぞれのトレーニング名で分けて使われることが多い。呼び名はともかく、書道で手本を真似るようにCD音声を真似て声に出す練習は、英語の上達を目指す上で必須といえる。

一般的な手順

  1. CDの音声を何度も聞く。どの部分が聞き取れないかをピックアップ。
  2. 聞き取れなかった部分をテキスト等で確認。語彙や文法事項もチェックして疑問点をなくす。
  3. 付属CDの音声を真似てリピート練習する。その際には様々な練習バリエーションがある。
    • 音読、オーラルリーディング:
      テキストを見ながら声に出す。
    • オーバーラッピング:
      テキストを見ながらCDの音声に合わせて声を出す。
    • センテンスリピート、リテンション:
      一文を聞いたあとにCDを止めて、その部分を声に出す。(テキストは見ない)
    • シャドーイング:
      音声を聞きながら、少し遅れて真似て声に出す。(テキストは見ない)
    • ロールプレイ:
      会話文であれば、片方のパートを受け持って声に出す。(発声する直前まではテキストを見てもいいが、自分のパートになったらテキストを見ない)

基本的にはテキストは確認用に使って、CD音声を中心に練習する。
自分の英語レベルより簡単な教材を使う場合は、最初はCDだけを使ってリピーティングトレーニングを行う。そして、一番最後にテキストを使って(視覚を使って)語彙や文法事項、聞き取れない部分を確認する。

利点

英文のわからない部分を確認して終わりにする学習が行われることがあるが、それでは記憶に定着する前に次のパートに進んでしまうので非効率な学習の仕方といえる。

リピーティングでは、わからない部分の確認はあくまで学習の準備段階で、教材全体を体を使って(声に出して)身につけることを中心にしている。これらのトレーニングは単に記憶に残りやすいだけではなく、内容を理解しつつ声に出すことによって以下のような利点がある。

  • 英語の語順で英文を理解する練習になる。
  • 日本語に訳さず直接英語と内容と結びつける練習になる。

また、CDを真似ることによって発音やイントネーションが身に付き、リスニングやスピーキングのレベルアップにも大きく役立つ。

学習効果を上げるために

必ず発音は学んでおこう。発音用の教材を最初に1~2週間程度学んでおくだけで、その語の英語力向上は格段に違ってくる。発音の違いや口の動かし方を知識として知っているだけでも大きく差が出る。

文法は必須。当然ながら、わからない英文をいくら音読したりリピートしてもほとんど効果はない。語彙の意味だけでなく、文法・構文事項が理解できないと学習効率が悪い。文法に自信のない人は、必ず文法学習を組み合わせよう。

※注
発音や文法を重視するのは、英語の習得を目指す人へのアドバイス。趣味として簡単な英会話を楽しむなら、「発音や文法にこだわらない方が良い」とする意見もある。

教材例

注)リピーティングはCDとテキストがあればどの教材でも練習可能なので、自分のレベルと興味にあった教材で行うのがベストです。 以下は参考まで。

NHKラジオ英語講座
基礎レベルからビジネス英語まで、多様なコースがある。安価で無難な教材であり、レベルや興味に応じて教材を選びやすいメリットもある。素材はダイアログ(会話)が多いので、会話文のリピーティングになる。

マイペースで学びたい人には、1年の講座をまとめた書籍教材もある。

あるいは、NHK出版 で、過去のテキストとCDを1年分まるごと買うこともできる。費用はかかるが、まとめて1年分の学習が可能。

英会話/リスニングの素材
当サイトの書籍教材カテゴリページで、素材提供に重点のある英語教材をご紹介している。ニュース、スピーチ、(米国の)教科書など。リピーティングトレーニングは、同じ英文を何度も発声することになるので、自分に合った教材(モチベーションがあるが教材)を選びたい。

その他、音読のページでご紹介した下記のような教材もリピーティングで使うことができる。

音読で鍛える英会話―読んで・聞いて・声に出す英会話練習法 (英語トレーニング・シリーズ)

音読パッケージトレーニング <レビュー>

音読、リピーティング、シャドーイング、リスニングを組み合わせるトレーニング。1つの英文素材にたいして、声に出す練習を多角的に行う。瞬間英作文の著者による人気教材。音読パッケージと瞬間英作文をセットで行うことを勧めている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする