中級レベルの英語教材

TOEIC730~855、英検準1級、大学程度。
中級レベルの英語教材組み合わせ例。

上級会話教材、時事教材による精聴と多聴

すでに基礎力のある中級レベルは、上級の会話教材や時事教材を多数消化すると上達がはやい。すでに学習法も身に付いていると思われるので、シャドーイング等を効果的に組み込みながら多くの教材に触れる。語彙のインプットも重視する。

主教材には、過去のNHKラジオ講座をまとめた書籍教材から選んでもいい。

リスニングに自信がなければ教材のレベルを一ランク下げる。主教材と副教材で異なるレベルの教材を学習するなどの工夫をする。組み合わせの考え方ページを参照のこと。

副教材には、弱点対策をテーマにしてもいい。主教材で自分の弱点を発見して、副教材では克服するための教材を当てる。前置詞、冠詞、仮定法などの文法事項を個別に攻めてもいい。

リーディング・インテンシブ 多読と精読

主教材ではリーディング素材を確実に消化していく。基礎力がついてからの多読は、英語の構造を頭に馴染ませるための重要な学習。文法に弱点が見つかれば、そのつど克服していく。

副教材として、精読系の教材をよみはじめてもいい。上の他に「英語のセンスを磨く」など。中級レベルになると、英語表現を覚えるような学習はマンネリ化する。読者の言いたいことを深く理解する精読系を本を読んでみよう。英語のモチベーションが甦るはず。

文法面について、一段と深いレベルを目指すのもいい。「日本人の英語」など、ネイティブが書いた文法エッセイをじっくり読んでみよう。リーディングの対象を英語素材にかぎることなく、英語に関連した書籍を多数読んでみるといい。

また、海外メディアとかwikipediaなど、無料のWEBサイトを選択肢に入れてもいい。中級レベルになったら、そろそろ生の英語に触れる習慣をつけておきたい。

スピーキング始動

中級レベルは基礎力が身に付いてきたものの英語学習がマンネリ化しやすいレベルと考えられる。インプット型の学習だけでなく、積極的にアウトプット学習を試してみてはいかがだろうか。

今までアウトプットをやってこなかった人は、簡単なレベルのスピーキングも怪しいはず。インプット教材よりレベルの落ちるスピーキング教材を用意して、適切な英語がすぐに口から出るようにトレーニングする。上記の「瞬間英作文」は、中学英語レベルだが、スピーキングの入り口として有効。簡単に感じる教材をやった方がインプット学習からスピーキング学習への橋渡しがスムーズに進む。

副教材としては、上記で挙げた「直訳にこだわらずに・・・」も簡単な教材。しかし、母語の干渉を乗り越えるきっかけになるはず。そのほか、日記を英語で書く学習もぜひ始めたい。日記で簡単な英文を書けないとしたら、英語を話すことはできない。

アウトプット文法とライティング

インプット学習のときは、あいまな文法知識でも誤魔化すことができるが、自分で英語を作るアウトプットになると通用しなくなる。スピーキングやライティングといったアウトプットをはじめると、必ず文法をやり直したくなる。

上記の「ここがおかしい日本人の英文法」はネイティブ感覚を磨くことができる一押しの文法教材。中級レベルの実力がある人ほど学習効果の高い教材といえる。上記の他に、「日本人に共通する英語のミス151」でもいい。

副教材にはライティング教材を使う。英語でライティングするためには、文法面の知識だけではなく発想法を切り替える必要がある。上記の「英語なるほどライティング」によって、英語の世界観をモノにしていくこと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする