Time for Kids Almanac

Time for Kids Almanac関連

このサイトでも紹介しているが、名門雑誌Timeは12~14歳前後の子供を対象とした雑誌Time For Kidsを発行している。語彙レベルが限定されてので英語学習者にも最適なのだが、本書はそのTime For Kidsが毎年発行している年鑑。

「ハリケーンの名前はどうやってつけるのか?」等、1000を超える疑問に答えるウンチク辞典になっている。日本で言えば新聞社が出版している「Imidas」とか「知恵蔵」の子供版といったところ。

やさしい英語が使われているし、写真や挿絵も充実している。ジャンルは、科学、政治、地理、歴史、文学など極めて多岐にわたり、ちょっと暇つぶしにひらいても、つい夢中になってしまうことだろう。雑学好きにはうってつけの英語素材。

timeforkids

9歳~12歳程度の子供向けの書籍ということで、語彙が制限されているため英文は非常に読みやすい。洋書Graded Readersと同様、多読用の英文としてぴったりの素材である。SSSの基準でいえば、レベル2~5あたりに該当すると思われるが、1項目が短いので取り組みやすいと思われる。

ところで、英語教材というと会話教材が圧倒的に多いが、そのような教材はワンフレーズ単位の応答が基本になる。そのため短文の応答だけに偏ってしまって、「話」ができないことがある。発信型英語を磨くためには、本書のような「説明する文体」の英語に触れておくことをお薦めしたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする