英会話ぺらぺらトレーニング

単語カード形式で英語フレーズを覚えてようという手法。まず、日本語で言いたいことが書いてあり、裏にその英訳がある。これを何度も練習すれば咄嗟に英語が出てくるようになるというもの。

本書では、英→和ではなく、和→英の順が有効だという。たしかにスピーキングのためには、自分の頭で文の構造を考えることが大切なので、英→和の順だけでは上達しない。和→英にこだわった本書はそれなりに学習効果がある。しかし、ある程度の英語力がもともとないと、本書はたんなるフレーズ丸暗記で終わってしまう危険があるので注意したい。

「トイレはどこにありますか?」などといった基本的な表現は、瞬時に出てくるようにしておくと便利。きわめて即効性の高い練習なので、海外旅行の前などにもお薦めできる。実際、練習をしていないといざというときに英語が出てこないのだ。ふつうの英語学習もやりつつ、スピーキングへの橋渡しのために本書をやってみるといい。

イラストや書名を一見しただけでは、フレーズを羅列しただけのありがちでいい加減な英語教材という印象をもってしまうのだが、実際学習してみると意外に面白い。インプット系教材に飽きたときの気分転換としても有効である。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする