TOECテスト実践勉強法

TOEICテスト実践勉強法

著者はTOEIC3回連続990点満点という記録をもち、自分の経験を踏まえた学習指導には定評がある。

本書では49の学習メソッドとその実践的な学習ステップを「処方箋」として解説している。また、TOEICの分析とスコアアップへの解説も適時盛り込まれ、英語学習法解説とTOEIC分析が組合わさった構成になっている。類書は数多いが、細かいメソッドまで踏み込んで解説されている点が特徴。

たとえばメソッド35「作文用リーディング」の項目では、英作文をするつもりで英文を読む練習法が解説されている。重要な構文が使われている文を読んだときには、目を閉じてその内容を頭の中で絵として思い浮かべ、英文で使われていた構文を使って英作文してみるのである。

この練習は、リスニングで使われるレシテーション(暗唱)練習をリーディングで行い、これによって文法・構文力を向上させようというものだろう。このような、ちょっとした工夫と呼べるような学習法が数多く記されている。

これらの学習法の工夫と呼ぶべきものは、身近に英語上級者の友人がいなければなかなか教えてもらえないことではなかろうか。一般の学習法書籍では、概論ばかりでこの手の「実践的」で「ちょっとした工夫」まで踏み込んだ内容のものが案外少ないのだ。一通りの英語学習法に精通している上級者であっても何らかの発見があるだろう。

ちなみに、同じ著者から英語全般の学習法ガイドも発行されている。
英語力を上げる実践勉強法

本書と重なっている部分もあるが、こちらは英語学習全般の考え方を広く解説している。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする