第一線の記者が教える英文記事の読み方

英字新聞は3面記事を読む

英字新聞を読もうとしても、どこを読めばいいのか迷ってしまう。もちろん、見出しから興味のある記事を選べばいいのだが、日本語の新聞のように思い通りに選ぶわけにはいかない。

そこで、本書では3面記事を読むことをアドバイスしている。「3面記事」というのは、いわゆる「小さなニュース」のことで、人情もの、地元ニュース、犯罪記事などが該当する。

(本書に掲載されている素材も3面記事が多い。例えば「5階から転落の男性が無事」といったタイプのニュース)

第一面の記事はどうだろうか。報道の顔とも言える第一面には、政治経済の大ニュースが掲載される。背景知識がないと理解することが難しいし、専門用語も多い。意気込んで読んでみても挫折するのがオチだ。

3面記事なら英文が易しい。1つの記事が短いこともあり、英語学習の素材に最適だという。

「英字新聞は難しい」という印象を持っている人は、第一面ばかり読んでいないだろうか。3面記事を使えば、英字新聞は気軽に読める「軽い素材」になる。

アドバイスとコラムが満載

本書には上記のようなアドバイスが満載で、これから英字新聞に挑戦したい人に最適。

出版年が少し古いが、素材として使っている記事は三面記事が多いため、内容はさほど古さを感じることもない。

著者は「英語はやさしく、たくさん」の執筆者であり、英語習得には一家言をもっている。本書でも「やさしくたくさん」を解説していて、学習法についてのアドバイスが多い。

その他にも、英文記事の「見出し文法」のような定番の内容があり、英字新聞ガイドとして一通りの内容がそろっている。

本書にざっと目を通して、「英字記事はどんなものか」を経験したら、さっそく英字新聞に挑戦してみよう。

以下、サイト内の関連リンクとなります。
→ 日本のニュース: 英字新聞
→ 海外のニュース: 海外メディア

スポンサーリンク

シェアする

フォローする