英会話ペラペラビジネス100

英会話ペラペラビジネス100

著者:スティーブ ソレイシィ/ロビン ソレイシィ
出版:アルク
発行日:2002/3/16

ビジネスで使える100通りの英語表現を身に付ける本。

小難しいイディオムはいっさい使わず、シンプルで実践的な内容。

著者はNHKラジオ英会話の人気講師スティーブ ソレイシィ氏。

発行から15年になるが、今でも売れ続けているベストセラー。

著者の主張は明快

英語の知識がたくさんあっても、実際の会話で表現が出てこなければ意味がない。

「会話」である以上、黙り込むわけにいかない。

そこで、重要になるのは以下の2点。

応用の利く表現をしっかり身に付けること。そして、その表現をすぐに口から出てくるようにすること

これはスティーブ・ソレイシィ氏の長年の主張である。

本書はビジネスパーソンをターゲットにして、ビジネスシーンで使われる実践的な英語表現を100通り身に付ける。

簡単な表現が身に付いているから英会話ができる

本書で学ぶ表現はびっくるするほど簡単なものばかり。

I’m not sure.
Is that OK?
This is for…
We can’t

などなど。中学1年か2年で習ったようなものばかりだ。

しかし、侮ってはいけない。

本書を読めば、まさに「ビジネス英会話の教材」だと納得するはずだ。

具体例で見てみよう。

What’s …like? 「・・・はどんな感じですか?」

中学2年くらいで習ったような簡単なフレーズだが、実際はこの表現がビジネスシーンでよく使われる。

以下の表現がすぐに英語で出てくるだろうか。

「予算はどんな感じでしょうか?」
「支払い予定はどうなっていますか?」
「明日のスケジュールはどんな感じですか?」

What’s …like?がしっかり身に付いていれば、以下のように英語にできたはず。

What’s your budget like?
What’s the pay schedule like?
What’s your schedule like tomorrow?

上記の英語がすぐに口から出てこなかった人は、What’s …like?が身に付いていないことになる。

重要なのは、英語の知識の量ではなく、基本表現がしっかり身に付いているかどうかだ。

本書を読むと、ビジネス英語のイメージが変わるだけでなく、ビジネス英語の勉強法自体が変わるかもしれない。

知識量を追うのではなく、基本表現をしっかり身に付けること。それを応用させること。実際の会話ですぐに口に出せるようにしておくこと。

まさにこれが英会話学習の出発点だと思った。

本書は、その表現に関連したTIPもあり、飽きずに学習できる。会話例や応用表現もあり、学習量も十分にある。

ビジネス英会話の基礎を学びたい人に自信を持っておすすめできる良書。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする