ビジネス英会話

ビジネスシーンを使った英会話教材

以下、ビジネスシーンの会話を収録した人気教材。一通りのビジネス英会話を経験できる。

CD付 即戦力がつくビジネス英会話―基本から応用まで

即戦力がつくビジネス英会話 <レビュー>

NHKラジオ「ビジネス英会話」(日向講師)を元に構成された人気教材。

基本編と実践編の2部構成になっている。基本編では、あいさつ、アポ、クレーム、依頼などビジネスシーン。

実践編では、賛成する、内容を確かめる、対案を出すなど、ミーティング等で使われる表現を学ぶ。

場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本 (CD book)

場面別 会社で使う英会話 <レビュー>

あらゆるビジネスシーンに対応」というコンセプト。類書に見られないくらいビジネスシーンを細かく採用している。

たとえば、空港に迎えに行く、受付~商談前、商談後、工場見学、資料送付後のフォロー、支払い条件の交渉など。

それぞれのシーンも細かくて、たとえば「見積もり依頼」の項目では、見積もり条件を尋ねる(述べる)、再見積もりの依頼、最終見積もりではないことを述べる、など。

NHKラジオ英語でも、ビジネスシーンを題材にしたダイアログ講座を提供している。 →NHKのビジネス英語

フレーズのスピーキング練習

英会話1000本ノック<ビジネス編>(CD-ROM付)

英会話1000本ノック<ビジネス編> <レビュー>

瞬発力のあるスピーキング能力を鍛える。日本語を音声で聞いて、即座にそれを英訳して応える。英語の音声を聞いて、その受け答えを英語で発声する。

2パターンのノックリターンで、1000個のビジネスフレーズを身に付ける。レベルはほとんどが中学英語の範囲内。

ビジネス英会話のコツ

以下は、英会話の素材を使ったトレーニングではなくて、コミュニケーションのコツを解説したもの。

日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講

日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講 <レビュー>

円滑なコミュニケーションのためのTIP集。「NOをあからさまに言わない」「ピンポンのように即答しない」など。

どれも基本的ではなるが、大切なことばかり。日本人の英語スピーカーには、意外なほど盲点になっている部分だとされる。ぜひ目を通しておきたい。

コミュニケーションのコツという意味ではビジネスマナーも重要なので、下記のページも参照のこと。
→ ビジネスマナー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする